収納を考える。

その方だけのプレゼンテーション

こんにちは、

コーディネーターの千葉です。

 

もう気付けば12月ですね。

今日は、先日リフォーム計画案を提出した

K様邸のスケッチをちらっとご紹介します。 

 

リフォームは、形のない物に対してご契約を頂く為、

お客様は大きな買い物なのにご不安だと思います。

 

『言葉で希望を伝えたけれど、実際はどうなるんだろ・・・。』

 

『ちゃんと希望は伝わったかしら・・・。』

 

『出来るまで不安・・・。』

 

など、沢山ご不安をお持ちだと思います。

 

 

なので、出来る限りその不安がなくなるよう、イメージをして頂ける資料を作成します。

K様邸も沢山のスケッチをお持ちしました。

コンパクトなお家なので、特に収納部分に重点を置いてプランしました。

スケッチは全部手書きで書いています。 

こんな感じです↓

 

Dscf8341

このイメージスケッチを見て頂いて、

こんな風になるんだ~!とか、

うん!うん!希望通り!とか

こうなるなら、ここに収納が欲しいな!とか

 

具体的にイメージして頂きたいのです。

 

出来る限り不安ではなく、期待やワクワク感を持っていただけたらと

いつも思います。

 

 

建築は専門的なことが多く、要望がなかなか伝えられない、

説明されても理解するのが大変というイメージがあるかもしれませんが、

安心で快適な空間を手に入れて頂く為に、リフォームを楽しんで頂く為に、

サポート役の私達コーディネーターが存在するんです。

 

その為に、イメージスケッチを見ていただくことはとても

大切な事だと思っています。

 

なので、このブログでもちょくちょく

スケッチが出てくると思いますので、

こんな風に書いているんだ~と見ていただけると

嬉しいです!

 

手書きで鉛筆で書いて、その上からペンで清書をし、

そして色を付けていきます。

沢山の色のペンを使い分けて着彩しています。

使っているペン↓沢山の色があるんですよ~。

 

 

Dscf8344

Dscf8337

色を塗ったらこんな風になります。

Dscf8338

手書きですので、季節によって、ダイニングに並ぶお料理が

違うんですよ~!

こちらのお宅は鍋でした。

 

 

リフォームさせて頂きましたお客様、

スケッチを見直してみて下さい。

 

オムライスだったり、手巻き寿司だったり、たまごサンドだったり、

焼き魚だったり、ケーキセットだったり色々とバリエーションがありますので!

 

ランキングに参加しています。
 
いつも応援ありがとうございます。画像をポチッと押していただけると嬉しいです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マンションの収納のご相談

こんにちは、千葉です。

段々と寒くなってきましたね。

皆様風邪など引いていませんか。

 

数ヶ月前からご相談を頂いてた、N様邸の

マンションの収納リフォームが12月から始まります。

 

住まわれてから数年、

ウォークインクローゼットの使い勝手があまり良くなくて

悩んでいらっしゃったそうです。 

 

『家族で色々考えてきたけれど、よいプランが浮かばなくて・・・』

とお電話でお問い合わせを下さったN様。

図面を持って事務所にきて下さいました。

 

■ウォークインクローゼットはあるけれど、

お布団が仕舞えない。

■収納量が思った程ない

 

とお困りでした。

 

そしてプランをさせて頂いた時の、

スケッチを描いている様子はこちらです。

Dscf7967

 

ずっと悩んでいたけれど、相談してよかったです!

もっと早くに相談すれば良かった!!と仰って下さいました。

 

収納のしやすい、しにくいはちょっとした事なんです。

スペースが大きければ収納がしやすいわけではありません。

 

仕舞う物の、大きさに合わせた奥行きでないと

広くても大きくても使いにくい収納になってしまうのです。

 

 

もちろん、マンションの収納は、住まわれる方も、それぞれですので、

色々な物が入るような設計になっているので、それが悪いわけでは

ありません。

 

 

ただ、色々な物が入る大きさになっているので、

かえって使いにくいという事が出てきてしまうものです。

 

私たちにご相談いただく時には、

お客様は、もう既に、その中に何を仕舞われたいのか

明確に決めていらっしゃいます。

 

その仕舞う物のサイズ、頻度、重さ、形、

実際に使われる方の身長などを伺って、

出し入れしやすい収納を計画するのが私たちの役目です。

 

完全なオーダーメード収納リフォームです。

 

また、今回もう一部屋作りつけの本棚とデスクを作らせて頂きます。

今よりも、より快適に暮して頂ける様、

12月からの工事頑張ります。

N様、ご在宅でのリフォームでご不便をお掛けしますが、

宜しくお願いします。

   

ランキングに参加しています。
 
いつも応援ありがとうございます。画像をポチッと押していただけると嬉しいです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思い出の物を飾るスペース

こんにちは、千葉です。

 

先日、今年6月にマンションのリフォームをさせて頂いた、

墨田区のK様邸にお邪魔した時のエピソードです!

K様は3年前にタカラスタンダードさんからのご紹介で、

キッチンのリフォームをさせて頂いたお客様です。

その後、お声をかけていただき、今年6月にリビングを全面的に

替えるリフォーム工事をさせて頂きました。

リフォーム後のリビングです。

268

ちょうど私がお邪魔した時には、ご夫婦そろってベランダの花壇のお手入れ中で、

『お忙しいところすいません・・・。』

とお話したら、

『ちょうどお茶にしようか~って話していたところだから、お茶飲んでいって!!』

と仰って下さって、お言葉に甘えてお邪魔してきました!

 

今回リフォームで作らせて頂いた納戸がとっても使いやすくて

重宝しているとお話くださったり、

お友達に『素敵ね~』と褒めてもらったのよ~!と仰って下さって、

『あの時思い切ってリフォームして本当に良かったわ!』と何より嬉しい言葉を

頂きました。

 

 

この瞬間がお仕事をさせて頂いて、一番嬉しい瞬間です!

 

リフォームが完成した時が、100%ではなく、

暮されていくうちに、どんどん快適さを実感して頂ける空間が

良いと私たちは考えます。

 

なので、リフォームをさせて頂いて、1年後や5年後に

あの時リフォームしてよかったな~と思ってもらえたら、

何よりなのです!

いつもお邪魔するとお話が楽しくてついつい長居をしてしまうK様邸。

ご主人様が、

『リフォーム前は、奥の方に仕舞っていた私の思い出の物が

飾れなかったけれど、今飾っているんだ!』と見せて下ったのが、こちらです!!

 

Dscf7886

 

 

 

『輪かんじき』と呼ばれるもので、雪の上を埋らずに歩ける

道具だそうです。

K様は大学の時にワンダーフォーゲル部にいらして、

実際に使っていたそうです。

今はステンレス製のものが出ているそうですが、

こちらは木を曲げて作られています。

 

 

Dscf7887

 

何年前に使っていたのですかとお聞きしたら、

50年前くらいかな~と・・・。すごい!

他の山登りの道具は殆ど処分してしまったけれど、

輪かんじきと名前入りの鉈だけは思い出として残していて、

それが飾れてよかった!ととても嬉しそうに話て下さいました。

 

 

リフォームで、思い出の物を飾れるようになったと仰って下さったK様。

そういう思い出を話してくださる事もとても嬉しい瞬間です。 

お邪魔してお茶をご馳走になって、ご褒美の嬉い言葉を沢山頂いて、

幸せな時間でした。

K様ありがとうござます。

またお邪魔させて下さい!

★K様邸のリフォームは今月号のエココロ通信でご紹介しています。

こちらです↓

http://www.eco-inc.co.jp/usefulinfo/images/2013/11/jirei.pdf

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家具工事のお打合せ

こんにちは、コーディネーターの薄井です。

今日は、一気に涼しくなりましたね、午後から雨も降るようですので、

お出かけの方は、お気をつけ下さい。

 

 

さて、今日は、家具工事のご紹介をさせて頂きます。 

 

1ヵ月半ほど前に完成した新しいマンションに、お引越しをされた

ばかりのお客様から、作りつけの本棚のご依頼を頂きました。

 

なんと、こちらのお客様H様は、4月に食器洗い乾燥機の取り付け工事を

ごお任せ頂きましたK様の、妹様ご家族なのです。

(K様の工事の様子は、千葉がブログでご紹介をさせて頂いております

中央区のマンション水周りリフォーム

 

お姉様のK様が、妹様のH様に、私たちをご紹介下さいました。

本当にありがとうございます。

 

さて、H様は、どんな家具をご希望なのでしょう?

Dsc00698

リビングの壁いっぱいに、扉の付いた本棚を、お望みです。 

オーダーの家具ですから、お好みに合わせて、お作り致します。

何度もお時間を頂いて、ご相談を重ねてきました。

Photo

ご主人様がたくさんお持ちの本と、

奥様の趣味の写真のアルバムがぴったり入って、

そして、バレエを習っていらっしゃるお嬢さんが、お家でも練習が出来るようにと、

扉に大きな鏡の付いた本棚です。

 

ご家族皆さんの、お気に入りの本棚が出来上がるように、

精一杯お手伝いをさせていただきます。

完成が楽しみです♪

 

工事は6月の末ごろです、また、ご紹介をさせて頂きますね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

収納するものに合った奥行きを!

こんにちは千葉です。もうすぐ12月!大掃除の季節がやってきました~。

そこで今回は収納の奥行のお話です。

ものの大きさは様々ですよね。

本にも文庫本や書類、ファイルなど大きさは
まちまちです。奥行きがそれほどない物を奥行きの深い収納に仕舞って
しまうと、奥のものが取りづらく収納することさえも億劫になってしまいがち。
Photo

収納スペースはそのものにあった奥行きにする事が、収納上手になるコツです。
深い収納ばかりが収納力があるとは限りません。
深さが15cmしかなくても、マグカップやグラスなどを仕舞っておくには
ちょうど良い奥行きです。 

15cmあればスパイス等も並べて置けますし、ハンカチやスカーフをたたんで
置いておくのにも便利です。15cmでもあなどれないですよ~。

また、良く使うものは使いやすい高さに収納することも、動作を楽にする
コツです。一番使いやすい高さは腰から目の高さ位までです。それより
低いとかがんで取り出さなければいけないですし、高いと台に乗って
取り出さなければなりません。

一番使いやすい位置に、年に数回しか使わないものを
収納してはいませんか?使用頻度を基準に整理する
と機能的で使いやすい収納が出来ます。

12月の大掃除を前に、収納方法を見直してみては
如何でしょうか。

>>収納のマンションリフォームについて、もっとくわしくはこちら!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

押入の有効活用

マンションにお住まいお客様からよく収納についてのご相談を頂くことがあります。

和室の押入が奥行きが深くて使いにくいので使いやすいようにリフォームできませんか?

や収納したいものは決まっているけれど、効率よく収納したい。などです。

こちらのお客様も収納にお困りでした。

もともと和室には1間の押入があり、その隣は床の間でした。

 

Photoバックや靴を沢山お持ちのお客様でしたので、それらをスッキリしまえるように

床の間をなくして一面収納にされたいとご要望がおありで、リフォームをさせて頂きました。

襖の高さを180cm→200cmに拡げ出来る限り収納としてお使い頂けるようにしました。

 

この押入に収納されたいお客様のお持ち物を細かく伺って、その寸法に合った収納計画をイメージして頂きやすいよう に絵にしてお持ちしました。

 

 

Photo_6

この奥行きをクローゼットの奥行きにしてしまうとお布団のしまう場所がなくなってしまうので、ここが悩ましいところです。

こちらのお客様は押入に向かって右側をお布団や大物をしまっていただけるように本来の押入の形を残しました。

そして左側は奥様のお持ちのバックや靴をしまっていただけるように棚板細かく刻みました。

 

 

 

 

Photo_4そしてこちらの棚はダボで可動できるので、『あと数センチあれば入るのにな~』といった事にも対応。

奥様より『とっても使いやすくなってまだまだ収納できそう♪』と嬉しいお言葉を頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_5 そして右側の部分にはハンガーパイプを2本取り付けました。

少しだけずらす事で、ハンガーとハンガーが互い違いにかけられて、1本の時よりも多くお洋服をかける事ができます。

こちらのハンガーパイプの高さも、お客様の使いやすい高さを何度も確認し、一番最適な位置に決定しました。

 

 

 

 

 

 

毎日家事をされる奥様にとっては収納の使い勝手が悪いとストレスになります。

サッとしまえてさっと取り出せる収納になれば楽ですね。 

 

マンションリフォーム 東京

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーダーメードの家具

こんにちは。コーディネーターの千葉です。今回は先日お引渡しをさせて頂きました、新築マンションリフォームをご紹介致します。

Photo_43月の上旬にお問合せを頂き、5月の中旬にお引渡しをさせて頂きました。

オーダー家具をご希望でしたので、使われ方、お持ち物の量、デザイン、寸法、面材や取っ手など細かな部分までお打合せをさせて頂きました。

3月から2ヶ月半、お施主様にはお仕事の傍ら何度もお打合せのお時間を頂戴し、お決め頂くことも多く大変だったことと思います。

オーダー家具の良い所は、当たり前ですが、ピッタリ収まるという点です。既成の家具を置くのとはやっぱり違いますね。デスクの寸法も梁に合わせ、本棚も天井いっぱいいっぱいまで収納が出来るよう造らせて頂きました。

 

1_2 こちらはリビングのクロスを塗装させて頂きましたアクセントウォールの写真です。

すごくスタイリッシュでかっこいい空間に仕上がっていますよね!

リビングは水性の塗料で限りなく黒に近いお色で、2面塗らせていただきました。

入って正面の部分、リフォーム前はエアコンが着いていましたが、アクセントウォールにする時にどうしても、そのエアコンがアクセントウォールの邪魔をしてしまうということで、エアコンを移設されました。

 

Photo コンセント部分は移設が出来ない為、コンセントプレートだけを壁を同じ黒で塗装しました。 

Photo_5 初めは突き当りの壁をアクセントウォールにされる予定でしたが、奥様が悩みに悩まれ、キッチンカウンターの下も黒にされました。

壁が黒くなる事により、白のときよりお部屋が狭く感じられる事を心配しましたが、そんなことはなく、白のときも奥行き感が出て、圧迫感もなく、スッキリ仕上がっています。

寝室も同じ黒で1面塗らせていただいたんですよ~!イメージ通りに仕上がりましたと仰っていただけました。シックでカッコいい素敵な空間ですよね!

Photo_6 書斎は、本を沢山お持ちとのことで、使い勝手、デザイン性両方を兼ねそろえた天井までの本棚を造らせて頂きました。天井の高さが2m60cmですので、圧巻です!!

棚は全て可動棚ですので、大きさの違う本でも効率よく収納していただけます!

海外の雑誌や書籍が多いお施主様ですので、本を収納した後もきっと雑誌に出てくるようなお部屋になることと思います。

 

アクセントウォールの『黒』や、家具の『こげ茶』はマンションを購入される時に、お施主様がご覧になったショールームのイメージだそうです。

こちらの事例は弊社ホームページでご紹介させていただいております。
>> マンションにオーダー家具を

他にも沢山の事例を紹介しています!
>>マンションリフォーム 事例

| | コメント (0) | トラックバック (3)

ウォークインクローゼット

塩谷理枝です、今日はこちらのブログにちょっと飛び入り参加させていただきます。

最近、マンションのウォークインクローゼットが意外と使いづらい・・・

とのお話しを伺うことがあります。

日常のお洋服を入れるというよりは、物置となってしまい、

手前にちょっとお洋服を掛けて使っています、ということのようです。

そもそもウォークインクローゼットとは、文字通り歩いて入って衣服を

入れたり出したりとうい場所なはずなのです。

欲を言えば、人一人が何とか入れるでは少し足りません、一歩下がって

掛けてあるお洋服が見渡せ、選べるスペースがほしいところです。

大変失礼なの言いようですが、私くしが思うに中途半端な広さであることが、

使いづらい原因ではないでしょうか。

お部屋の一角の限られたスペースならば、かえって壁一面をクローゼットに

して踏み込まずに使う収納をお勧めします。

もちろん、色々な条件はおありかと思いますので一概には申せませんが。

納戸でしたら出し入れの頻度の少ないものを収納するので、

多少取り出し難くくても良いのですが、毎日の着替えとなるとそうはいきませんよね。

先日、リフォームをさせていただきました、お客様も何とか今ある

ウォークインクローゼットを使いやすく、お洋服を収納できるスペースに

とのご要望でした。

奥行きのある空間の奥の部分は、取出しにくいので、思い切って

日頃はあまり出し入れなさらないものを収納し、奥は納戸、手前はクローゼットと

することをご提案させていただきました。

海外の住宅と違い、日本の住宅はスペースが限られます。

限られたスペースの中での収納は、使いよくなくては意味をなしません。

収納ってしまって終わりではないんです、しまいやすく、取り出しやすいを重視してご提案をさせていただきます。

Photo Photo_3Photo_2 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

クローゼットの奥行き。

ー本日頂いたお問い合わせからー

現在お住まいのマンションのクローゼットの奥行きが浅くて使いにくいので、広げたいというお問い合わせを頂戴しました。そこで、収納の寸法について書いてみたいと思います。

現在の奥行きは50cmだそうです。50cmというのが、実際に物を置ける寸法なのか、扉の厚みも含めた寸法なのかまではお聞きしませんでしたが、例えば実際に物を置ける寸法が50cmだとしても、男性用のコートなどをハンガーに掛けて収納するには少し足りないのかもしれません。(実際に、ハンガーに掛けた状態で寸法を測ってみるとよく分かります)

衣類の収納の基本寸法としては、引出しの付いた整理タンスや和タンスは奥行き45cmのものが多く、ハンガーパイプをセットしたクローゼット収納は奥行き60cmでお作りすることが多いです。60cmあると、男性用のコートでも余裕をもってハンガーに掛けて収納できます。

ちなみに、クローゼットに入れて使うと便利な、プラスチック製の引き出し式の収納ケースのサイズも、これらの基本寸法に基づいて作られています。私はよく、無印良品の引出式衣装ケースをプランに入れさせていただくのですが、そちらでは、奥行き(外寸)65cm、55cm、44.5cmのラインナップがあります。

 

私たちがリフォーム工事でクローゼットを作らせていただく際には、元の間取りを活かして作る場合も多く、例えば和室の押入れだったところを、その奥行きのままクローゼットにする場合には、奥行きは90cm程度ありますから、パイプハンガーを前後に2本設置します。(写真のような感じです、パイプの高さを少しずらして取り付けています)

Dsc07758例えば、ここは奥様のお洋服の収納にしか使わない、と決まっていて、奥様が小柄な方だったりした場合などは、お洋服の寸法も小さめですから、奥行きを60cm確保せずに作らせていただくケースもあります。

 

さて、本日のお問い合わせを頂いたお客様は、工期の関係で残念ながら私たちでご協力させていただくことができませんでした。信頼できる業者様をお探しになられて、早く、使いやすい満足のいく収納が出来上がることを、お祈りします。

 

私たちのさせて頂いたリフォーム事例のご紹介もご覧下さい!

リフォーム事例

| | コメント (4) | トラックバック (0)