マンションのリフォーム工事の模様

歴史のある建物

こんにちは、コーディネーターの千葉です。

 

お正月明けから、スケルトンリフォームが始まりました。

築80年近い建物です。

始めに建てられたのは戦前で、戦火もくぐりぬけ

何度も改築されて今にいたる歴史のある建物をリフォームさせて頂くことになりました。

ご家族の思いも沢山つまった大切なお住まいを

お預かりするのですから責任も重大です。

 

解体前に、リフォーム前の様子をカメラにおさめる為、

WEB担当の大内と伺ってきました。

 

 

今では、造作するのにはちょっと大変な、素敵なつくりが残されています。

 

玄関にある小窓には、キッチンとデザインされた障子が

入っていて、あけると居間につながります。

R0037302

夏などはここをあけると玄関から居間に風が抜けたのでしょうね。

そして2階に上がるとガラスがはめ込まれた木の引戸です。

木の桟も味わい深い色に変わり

何ともいえない雰囲気です。

 

今、アンティークを模した塗装や、扉などが

沢山ありますが、本物はやはり違いますね。

壊してしまうのが勿体無いぐらい。。。

なので写真を取りました。

 

 

R0037374_2

 

昔のゆらゆらしたようなガラスなどは

今作り出そうとしても難しいそうです。

 

大切なお住い、丁寧にリフォームさせて頂きます。

2ヶ月間どうぞ宜しくお願いします。

ランキングに参加しています。
 
いつも応援ありがとうございます。画像をポチッと押していただけると嬉しいです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マンションのリビングカウンターが完成しました。

こんにちは。

コーディネーターの千葉です。

 

昨日に引き続き、マンションの収納リフォームのお話です。

 

カウンターを一度撤去し、そこに新しく巾の広いカウンターを設置しまして、

その一角に、本や食器を飾る収納をお造りしました。

Dscf7400

既存のクロスのお色に合わせているので、

まるで、もともとあったかのようです!

『違和感ない!』とK様もお喜びでした。

 

 

食器を入れる収納には、ガラスの入った扉付きで、

本を入れる棚は、直ぐに取り出せるようオープンに!

 

この食器棚と本棚のバランスも

オーダーですので、ご希望に合わせておつくりしました。

 

この収納棚の前に、ダイニングテーブルがくるので、

あまりに、食器棚の巾が大きいと

その分扉も大きくなってしまうので、そのあたりも細かくお打合せしました。

Dscf7408_2

棚は、ダボで高さの調整が出来ます。

Dscf7403_2

お気に入りのコーヒーカップや、カトラリーを仕舞って置くそうです!

素敵ですね~。

 

 

いつもお邪魔すると、お気に入りの家具に囲まれ

素敵に生活されているK様。

 

お玄関には、生花や季節の小物が飾られています。

 

工事にお邪魔した時にも、

素敵なアレンジを飾っていらっしゃいました。

 

『いつも違うお花が飾られていて素敵ですね~』とお話すると

『持って帰ります??』とK様。

 

遠慮なく頂いて帰りました!!

ありがとうございます。

こちらがそのアレンジです!

Dsc07378

こちら、ポプリなのだそうでとっても良い香りが

するんです!

事務所に飾って目でも香りでも楽しませて頂いています。

K様ありがとうございます。

またお邪魔させて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マンションのリビングカウンターを造作しました。

こんにちは、コーディネーターの千葉です。

暑い日が続きますが皆様いかがお過ごしですか。

 

さて、今月の初めにマンションのリビング収納のご依頼を頂いた

K様の工事が完了しました!

 

昨年末よりご相談を頂き、何度もお打合せを重ね、

8月に工事をさせて頂いた、K様こだわりの収納家具です。

 

その工事の様子をご紹介します。

 

こちらが設置前の様子です。

キッチン前のカウンターが巾10cm程しかありません。

配膳をする際など、ちょっとお皿が置けるスペースを考えると

30cm前後は必要です。

 

Dscf7365

そこで、キッチンや、壁紙をキズつけず、

カウンターだけを撤去する作業に取り掛かりました。

 

まずは、キッチンなどが汚れないように、養生をしていきます。

Dscf7373

 

その後、ゆっくりとノコギリでカウンターに切れ目を入れて

いきます。

 

Dscf7375

 

小さく区切って外す方法にしました。

Dscf7377

カウンターが無事取れたら、

次は巾の広い新しいカウンターを設置します。

 

予めぴったりに作成されたカウンターを、現地で微調整し

て取り付けます。

 

Dscf7382

Dscf7383

 接着材で固定し、完成です!

Dscf7411

これで、お皿を置いて配膳できますし、

お料理中にボールなどを置けて便利です!

このカウンターの木口は少し斜めになっていて、

シャープな印象のカウンターをK様は選ばれました。

アイカさんのバリューエッジという、形状の自由度が高く、

デザイン的にも優れたカウンターです。

 

インテリアはシンプルでモダンなインテリアで統一された、

素敵なお部屋ですので、ぴったりです。

 

この裏側は収納になっているんですよ~。

 

次回はその収納をご紹介しますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マンションの収納リフォームが始まります。

こんにちは、コーディネーターの千葉です。

今月末から、8月上旬にかけて、
マンションの収納リフォームが2件始まります。

練馬区のお客様でクローゼットの中を今より使いやすくされたいと
ご要望を頂き、
何度も詳細なお打合せを重ね、
最終的にはこのような形になりました。

2

現在クローゼットがお部屋から一段上がっています。
その為キャスター付きの収納の出し入れが容易では
ありませんでした。

今回のリフォームで、その一段上がっている部分を
撤去し、お部屋からフラットで踏み込める収納にします。

ただ、マンションの場合、
1段高くなっている箇所は、それなりの理由があります。

考えられるのは、水周りの配管。
給水管や排水管などです。

なので、リフォーム開始して解体を始める前に、ちょっと床を
開いて床を下げらるかどうか、確認しました。

Dsc00344

クローゼットの床板をカットして除いてみました。

Dsc00346

のぞいてみると・・・。

Dsc00347

何もないようです!
良かったです。

これで、フラットに出来きますね。

こちらは江東区のマンション収納リフォームの
イメージです。

Photo

リビング側に収納が少ないとのことで
ご相談を頂き、オーダー家具を作らせて頂く事に
なりました。

オープンな部分には雑誌を、扉がついてる部分には
食器などを収納されます。

また、洗濯機上部には棚を設置します。

Photo_2
どちらも、収納を便利にする工事です。

より使いやすく、快適に暮していただけるよう、

大切に工事をさせて頂きます。

またこちらでご報告致しますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新宿区で水周りマンションリフォーム

こんにちは、コーディネーターの千葉です。

新宿区のマンションリフォームをさせて頂いております。

お客様は遠方に住んでいらして、

この度はT様のお持ちのマンションの

ユニットバス、洗面、トイレの交換と洗面トイレの内装でご依頼いただきました。

T様遠くにお住いなのに、信頼してお任せ下さってありがとうございます。

こちらがリフォーム前の写真です。

R0034976

こちらの写真は

ユニットバスを解体した様子です。

P6180034

真ん中に見えるのは配管です。

床がコンクリート面からちょっと上がっていますね。

よくマンションの水周りだけ床が上がっているところが

ありますが、その原因の多くがこの排水管です。

今回のリフォームではユニットバスの位置は変えずに

交換だけなので大丈夫だったのですが。

マンションで水周りの位置を動かすことが難しいといわれるのは

この配管が大きく関わってくるからです。

綺麗に解体し、その後新しいユニットバスが入りました。

Dsc00143

タカラスタンダードさんのホーローパネルの浴室です!

かわいらしいピンクのアクセントウォールですね。

本日お引渡しをさせていただきます。

わざわざ遠くからお越し頂きありがとうございます。

今後ともどうぞ宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

墨田区のマンションリフォーム完成

こんにちは、コーディネーターの千葉です。

先月からずっとご紹介していました、
墨田区のマンションリフォームですが、今回は完成の様子をお伝えします。
まずは、お玄関からです。

リフォーム前

R0034575

リフォーム後

_264

フローリングと玄関タイルの素材を変えたことで、
雰囲気がガラリと変わりました。

大理石の黒と、ブラックチェリーのフローリングの赤茶の対比が
上品な感じに仕上がりました。

カウンターを埋め込んで、ここにはお花を飾って頂けます。

 

 

 

こちらは納戸の写真です。
以前は奥行きの深い押入れでした。

リフォーム前

R0034609

この押入れを解体して、広いウォークインの収納にしました。
使いにくかった奥の窪みには、可動棚にして、
踏み込んで物を出したり入れたりが可能なように計画しました。

■リフォーム後

_266

 

 

 

 

そしてリビングです。

■リフォーム前

R0034560

R0034559

■リフォーム後

_268

_271

壁を1m50cm程度移動しただけで、この開放感です。
広いリビングダイニングに生まれ変わりました。

マンションのリフォームも間取り変更をちょっとすると
こんなにも変わります。
(前回のブログで壁移設の工事の様子を
ご紹介しましたが、工事は大規模になりますので、
専門家にご相談下さい。) 

 

濃い色のフローリングから、クラックチェリーの
フローリングに変更したことで、
明るくなり、照明もお客様のお好みに合わせた器具を
ご提案し、採用頂きました。

お部屋に入ったK様。
『すごい変わったわ~なんだか我が家じゃないみたい。
ソファーも合わせて買わないと!』
ととっても喜んで下さったご様子で、私達も嬉しいです!!

3年前のキッチン工事と、今回のリビングの内装工事、
2回に渡りご依頼いただきありがとうございました。

毎回のお打合せが楽しかったです♪

いつも美味しいお菓子ご馳走様でした。

いつも思う事ですが、毎週のお打合せがなくなってしまうのは、
寂しいです・・・。

またお邪魔させて下さい。

K様ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

墨田区のマンションリフォームの内装工事

こんにちは、コーディネーターの千葉です。
前回からご紹介していました、墨田区のマンションリフォームの
続きです。

エコリフォームでは、リフォーム工事が始まりますと、
1週間に1回もしくは、2週間に1回は現地でのお打合せを
させて頂いております。

こちらのお客様も現地にてお打合せです。

P5190400

実際にウォークインクローゼットになる部分の
広さを確認頂いたり、
収納のお打合せなどを致しました。

図面上のお打合せですとどうしても
空間をイメージして頂きにくいですので、
現地で、実際にスケールを当てて寸法等を決めていきます。

その現地打合せで、新たに決定したのが、
この玄関のカウンターです。

Cimg0330

集成材といって、無垢材を何本か束ねて出来た材を
使ってカウンターを作成致しました。

自然の木ですので、使っているうちに味わいが増します。

木のよさが生かせるように、イケダコーポレーションさんの自然のオイル塗装

デュブノとアルドボスで仕上げました。

オイルを塗ることで、しっとりとした木の質感になります。

そして、リフォーム途中でしたので、
カウンターを壁に埋め込んで、
金物を使用しないで固定できました。

そうすることで、よりすっきりとした仕上がりです。

そしてこちらの写真は
リビングから見た写真です。

Cimg0328

真ん中の窪みには、棚が設置される予定で、
下には扉がついています。
これは実は電話台なのです。

これでクロスを張って完成です。

次回また完成の様子をお伝えします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マンションの壁移設が大掛かりな工事になる理由

こんにちは。

コーディネーターの千葉です。 

墨田区のマンションリフォーム工事が進んでいます。

 

一部の壁を撤去し、リビングを広げる工事です。

 

壁の一部を移設してお部屋を少し広くしたい。

というお問合せを沢山頂くのですが、

少しだけ移設するのでも大掛かりな工事になってしまうのが、

壁移設工事です。

 

今回の墨田区のマンションリフォーム工事でも、

壁の移設をさせて頂きました。

 

その工事がどのようなものか、

写真付きで簡単にお伝えしますね。

 

まずは壁を解体します。

P5140291

解体すると、こんな感じになっています↑

 

そしてもっと解体すると・・・。

P5140281

こうなります↑

 

ここまでは良いのですが、ここからです。

 

床や天井をズームアップしてみてみると、

間仕切り壁撤去後の床はこんな風になっているんですよ~。

 

続きを読む "マンションの壁移設が大掛かりな工事になる理由"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

墨田区のマンションリフォームその1

こんにちは。

コーディネーターの千葉です。

墨田区のマンションリフォームが進んでいます。

前回こちらのブログでご紹介させていただきましたK様です。

 

3年前にキッチンをリフォームさせて頂いたお客様で、

ご信頼を頂き、このたびリビングのリフォームをさせて頂く事になりました。

 

大規模がリフォームとなる為、

一旦ご自宅をお預かりして、K様には仮住まいをして頂く事になりました。

 

今回のK様邸のリフォームでは、

壁の一部を解体してリビングを広くします。

 

この壁を移設する工事、

結構大掛かりな工事になってしまうのです。

 

始めは在宅でのリフォームをご希望されていたK様。

 

私たちもできる限り、お客様のご負担をすくなくして差し上げたいのですが、

お荷物と、リフォーム中のご不便を考えると、

仮住まいしていただく様お願いし、

ちょっとの間近くのマンションにお引越しして頂く事となりました。

K様ありがとうございます。

お引越しとお荷物のお片付け、それはそれは大変だった事と思います。

 

大切に使われてきたご自宅を大切に工事させていただきますので、

ちょっとだけご辛抱くださいね。

 

そして工事前に、

お客様にお越し頂いて、

こちらで処分させて頂くもの、そうでない物を

ひとつひとつ確認していきます。

 

万が一、大切なものを処分してしまったら、

大変!

このように、カードを貼って間違いないようにしています。

R0034554

そして、今回リフォームをしない場所は

工事中傷がついてしまわないように

しっかりと養生させて頂きます。

 

↓『以前リフォームしてもらってから、大切に使っているわ!』

と仰って下さった、キッチンです。

厳重に囲んで、工事中の傷はもちろん、埃が入らないように囲っています。

 

P5140293

これで、やっと解体準備完了です。

 

次回は壁移設の様子をご紹介します。

壁移設は、皆様が思ってらっしゃるより、大掛かりな工事に

なる事が多いのですよ。

 

なぜ大掛かりになるのか、次回ご説明します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

墨田区でマンションのリフォームが始まります。

こんにちは、コーディネーターの千葉です。

5月よりマンションのリフォームが始まります。

 

実はこちらのお客様、数年前にタカラスタンダードさんのご紹介で

キッチンのリフォームをさせて頂いたお客様なんです。

 

リフォームをするならエコリフォームさんに!!

と仰って下さり、2回目のリフォームを5月からさせて頂く事になりました。

 

2度もご縁を頂けるということは本当にありがたい事です。

ありがとうございます。

 

お打合せもとっても楽しく、リフォーム以外の事、

ベランダのお花の事や、お客様がされているクロスワードパズルの

事、お祭りの事など、ついつい1時間のお打合せのはずが

長いしてしまうこともしばしば。

 

今回内装のリフォームをさせて頂く事になり、

完成予想図はこんな感じになります。

 

20130223182713832_0001

大切に使ってらしたので、床もぴかぴかでもったいないようですが、

今回、床・壁天井を新しくし、ウォークイン収納をお造りします。

マンションなので防音規定LL-45をクリアする

こちらの床材を貼る予定です。

シートではなく、ブラックチェリーの突き板です。

Dsc00770

 

この2枚どちらとも同じ床材なんですよ。

 

表面が本物の木(印刷ではないので)

ブラックチェリーでも木によって多少色が異なります。

これが自然の良さですね。

幅広なので、高級感がありますので、貼り上がりがとっても楽しみです。

 

収納は、お客様のお持ち物に合わせてフルオーダー!

照明もお部屋の雰囲気に合ったものに変更です。

 

 

お気に入りのキッチンはそのままにし、

リビングダイニングと寝室をリフォームいたします。

雰囲気がガラッとかわると思います。

またご報告しますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧