« 墨田区のマンションリフォームその1 | トップページ | 墨田区のマンションリフォームの内装工事 »

マンションの壁移設が大掛かりな工事になる理由

こんにちは。

コーディネーターの千葉です。 

墨田区のマンションリフォーム工事が進んでいます。

 

一部の壁を撤去し、リビングを広げる工事です。

 

壁の一部を移設してお部屋を少し広くしたい。

というお問合せを沢山頂くのですが、

少しだけ移設するのでも大掛かりな工事になってしまうのが、

壁移設工事です。

 

今回の墨田区のマンションリフォーム工事でも、

壁の移設をさせて頂きました。

 

その工事がどのようなものか、

写真付きで簡単にお伝えしますね。

 

まずは壁を解体します。

P5140291

解体すると、こんな感じになっています↑

 

そしてもっと解体すると・・・。

P5140281

こうなります↑

 

ここまでは良いのですが、ここからです。

 

床や天井をズームアップしてみてみると、

間仕切り壁撤去後の床はこんな風になっているんですよ~。

 

P5160015

床材が途切れています。

これでは生活できませんよね。

 

そして数年や数十年経っている場合、

同じ床を探すのは困難ですし、たとえ同じ床材を発見できたとしても、

紫外線で色が褪せてしまっているので、

床の色がちぐはぐになってしまい、綺麗に仕上がりません。

 

ここだけを補修するのでは、折角リフォームしても

つぎはぎの床となってしまいます。

 

そうなると、ここのお部屋全体の床を張り替える必要が出てきてしまうのです。

 

これが、間仕切り壁撤去が大掛かりな工事になってしまう理由1なのです。

 

また、間仕切り壁撤去後の天井を見てみると・・・

 

P5160013

壁があった部分の天井がありません。

 

この部分の下地を新しくし、
クロスを張り替えます。

クロスも床同様、同じものを探し出すのは困難なので、

お部屋全部の張替えが必要です。

 

K様は、クロスの張替えや床の張替えも一緒にご希望でしたので、

合わせて工事する事ができました。

 

間仕切り壁をちょっと移動したいな~とお考えの方、

マンションのリフォームで間取り変更をお考えの方

合わせて内装の工事もご検討下さい。

 

|

« 墨田区のマンションリフォームその1 | トップページ | 墨田区のマンションリフォームの内装工事 »

マンションのリフォーム工事の模様」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/58785/51758146

この記事へのトラックバック一覧です: マンションの壁移設が大掛かりな工事になる理由:

« 墨田区のマンションリフォームその1 | トップページ | 墨田区のマンションリフォームの内装工事 »