« インナーサッシのお見積もり | トップページ | 細部までこだわる »

カビが発生してしまったら・・・

昨年工事をさせていただいたE様から
壁にカビが生えてしまったとのご連絡をいただきました。

リフォームでせっかくきれいになった壁紙に
黒い点々が出来てしまったとショックを受けられているご様子。

張り替えた方が良いのでしょうか?とご相談を受けましたが
張替えとなると大掛かりですので、
カビ菌を落とし今後カビが生えにくくする処置を施すことにしました。

こちらが問題のカビです。
温度差の大きい玄関ドア脇の壁に発生してしまったようです。

Dsc05456


まずカビをメラミンフォーム(げきおち君などの名前でしられているスポンジ)などで軽くこすっておとします。

Dsc05460

次にこれ以上のカビの発生を抑制するためアルコールを吹き付け消毒します。
このときタップリとアルコールを吹き付けるのがミソです。その後よく乾かします。
手元が分かりづらいですが、霧吹きでアルコールを吹き付けているところです。

Dsc05462_4

まだカビの色がうっすらと残っていました。
このお宅では塗り壁の下地材として使用するオガファーザーという壁紙を張っています。
ですので今回は白い塗料をカビの上から塗って補修しました。
Dsc05466


この壁紙は何度でも塗り重ねられるので、
万が一またカビが発生しても同じ要領で補修ができます。

もし再度カビが発生したらご自身でやってみるとおっしゃってくださったE様。
アルコールと塗料をお渡しし、様子を見ていただくことになりました。

カビの発生が止まると良いのですが・・・

|

« インナーサッシのお見積もり | トップページ | 細部までこだわる »

トラブル対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/58785/49559577

この記事へのトラックバック一覧です: カビが発生してしまったら・・・:

« インナーサッシのお見積もり | トップページ | 細部までこだわる »