« 無垢の床材 | トップページ | クロスの張替え »

マンションの和室の畳をフローリングに

こんにちは、荒木です。


最近のお問い合わせいただいた中に
「和室の畳をフローリングに変更したい」という方が
数名いらっしゃいました。


マンションには、管理規約で遮音性能が数値によって
決められている場合が多くあります。

一般的な数値は、LL-45などという表記にて明記されています。


今回はその数値の事はお調べになって、お電話をいただいた方も
いらっしゃいました。

慣れない工事のことだと思いますが、
よく調べていらっしゃると感心いたしました。


LL-45という数値が一般的なのですが、
LL-40という、より音が漏れないように
という規定のマンションもあります。


そのほかにも、お客様のお宅の状況によって工事の
進め方は代わってきます。


現在薄い畳が敷いてあり、畳を剥がしてコンクリートスラブの上に
直接、フローリングを貼れる工事もあれば、

畳の厚さが厚い場合は、フローリング自体の厚みが
15mm程度なので、高さを揃えるために、
下地をつくりその上にフローリングを貼る必要が出てきます。

こちらは、黒い防音の材料の上に、
フローリングを施工していくところです。
2010919_012_2



管理規約は、お客様でお調べいただけますが、
畳の厚みや下地などはやはりプロが見ての判断となります。


他にも、お客様によって条件が異なると思いますので
ご検討されている方は、ぜひお問い合わせくださいね。

|

« 無垢の床材 | トップページ | クロスの張替え »

マンションリフォーム特有のこと(管理規約・防音・構造のこと等々)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/58785/46173671

この記事へのトラックバック一覧です: マンションの和室の畳をフローリングに:

« 無垢の床材 | トップページ | クロスの張替え »