« 地震に備えてみましょう | トップページ | マンションの和室の畳をフローリングに »

無垢の床材

こんにちは、荒木です。


紫陽花の花が色とりどりで楽しい季節ですね。

早めに上陸した台風も過ぎ、梅雨の中休みと言ったところでしょうか。


今回は、無垢の床材について書いてみようと思います。


私共エコリフォームでは、自然素材を使用したリフォームを

得意としていますので、床の素材には、たびたび無垢材を

ご提案しています。



門前仲町の事務所の床も、「樺桜」と「パイン」の無垢の

フローリング材を敷いていてますので、

お打ち合わせにご来社いただいたお客様は、

実際に体感していただき、ご採用いただいております。



無垢材の良いところは、

「保温性に優れている」ところです。


特に冬はヒヤッとせずに温かく、また夏は裸足で歩いてもべたつきません。

施工させていただいたお客様より、快適にお過ごし頂けている

とのお声もいただいています。



反面、自然のものですので、工業製品と比べますと、

反り、割れ、キズや汚れの心配は出てまいります。


事務所の床はオイル塗装仕上げにしていて

快適に過ごしていますが、汚れなどが気になるという方へは、

ウレタンでコーティング仕上もご提案しています。


ウレタンコーティング仕上にすると、キズも付きにくいですし、

汚れも染み込みにくくなります。



自然素材の良さは、住めば住むほど味わいが増し、

快適さを実感して頂ける事だと思います。



無垢材は、新築の爽やかさのあとも、

年月と共に育てて、快適にお過ごしいただける

おすすめのエコ素材です。


私も自分の家をつくるときには、足ざわりのいい

無垢の床材を使いたいなと考えています。




|

« 地震に備えてみましょう | トップページ | マンションの和室の畳をフローリングに »

自然素材の仕上げ(床・壁・天井など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/58785/45792553

この記事へのトラックバック一覧です: 無垢の床材:

« 地震に備えてみましょう | トップページ | マンションの和室の畳をフローリングに »