« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

超撥水 和紙壁紙「玉紙」に霧吹きで水をかけてみました。

こんにちは。コーディネーターの江島です。

 

乾燥する日々が続きますね。

皆さんは加湿器を使用されていますか。

風邪などのウイルスを防ぐためや、お肌の潤いを保つために

フル活動なのではないでしょうか?

 

でもお部屋を加湿するとカビの心配も出てきます。

マンションでは、湿気のたまりやすい箇所があったりもしますよね。

 

そこで調湿機能もあり、インテリア性にも優れているのが

超撥水調湿和紙壁紙「さらり」です。

 

私たちの事務所の一部にも貼っています。

Dsc00540

 

やはり和紙の風合いと手触りがとても品があり、

エコリフォームでリフォームをしていただいたお客様にも

ご好評いただいています。

 

照明の灯りをうけた和紙は非常に美しい陰影が出て

癒しの空間の演出になりますね。

 

今日は、素朴な疑問だった、”超撥水実験”をしました。

事務所の壁紙に霧吹きで水を吹きかけてみました。

 

本当に超撥水しています!!

Dsc00545

 

ふき取った後も、染みも無く、きれいでした。

20120119

実用性のある和紙ですね。

ぜひみなさんも「玉紙さらり」を体験してみてください。

 

ご興味のある方は、関連サイトの調湿和紙壁紙さらり」の方を

ぜひご覧になってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マンションリフォームにおすすめ「タカラのリフォームキッチン」

こんにちは。コーディネーターの江島です。

先日ホーローのキッチンなどで有名なのタカラスダンダードさんの

ショールームで勉強会をしていただきました。

Dsc09493

今までのホーローのイメージは、欠けやすかったり、さびやすかったりしませんか?

私もそんなイメージを持っていました。

タカラスタンダードさんで製造されているホーローは、鉄の中の成分が違っているようした。

Dsc09494
通常のお鍋などで使われているホーローは、熱を通したほうが良いように

作られているそうで、タカラのキッチンは、密度が高くなるような製造方法で

製作されているため、さびなどに強いようです。

Dsc09503

表面がガラスで覆われているため、衛生面でも優れています。

有機物が大好きなゴキブリ君も、鉄とガラスの素材のため寄り付きにくいそうです。

キッチンのマンションリフォームをお考えの方へも

おすすめの商品『Mタイプ』もありました。

オススメ 1

リフォーム専用のキャビネットなので、今までのキッチンより

カウンターの奥行きが広々と使えます。

オススメ 2

梁も上手に欠き加工で、スッキリとした仕上がりになります。

オススメ 3

換気扇の排気口が下のほうに付いていても、

専用のフィラーを用いてきっちりと収められます。

タカラさんは、全国各所にショールームを開設されています。

カタログで見ていただくより、お近くのショールームで実際に見て、

体験していただきたい、という思いからだそうです。

(かなづちやバーナーなど、通常のキッチンショールームでは

見られないようなデモンストレーションが見られるはずです。)

ぜひ、リフォームをお考えの際はショールームに行ってみて体験してくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マンションの遮音対策

こんにちは。コーディネーターの江島です。

今日は今年一番の冷え込みで夜には、

関東でも雪になるところがあるみたいですね。

皆さんも風邪などひかれないように、暖かくしてお過ごしください。

 

今日はマンションリフォームに欠かせない、遮音材の話です。

 

マンションでは音の問題でお互いに迷惑にならないように

床の材料に遮音規定を定めているところがほとんどです。

リフォームの際にも新しい床材が定められた規定を

クリアしていることを申請の際に届けなくてはならない場合が多いです。

 

床材の中のひとつであるフローリングの

遮音性能を数値化したものに「L値」というものがあります。

L-40~L-60まであり数字が小さいほうが、より音を遮断してくれます。

 

天然木のフローリング材には遮音性能が認められていないので

下地で管理組合さんの定めた規定をクリアする必要があります。

そこでよく使用するのが「わんぱく応援マット」です。

下の階への音漏れも、生活していて気兼ねなく過ごせます。

過去に施工させていただいたお客様の中に

無垢のフローリング+バリアフリーのリフォーム工事がありました。

手順は

1、床を平らにならす

Kouji102

2、防音下地を貼る(これが わんぱく応援マット です。)

Kouji111

3、ベニアを貼る

Kouji122

4、無垢フローリングを貼る

Kouji131

というものです。

ぜひご覧になってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天然木のオーダー学習机

こんにちは。コーディネーターの江島です。

  

4月で新1年生になるお子様も

学習机を卒業したい中高生の皆さんにも

自分の書斎がほしかったお父さんも

リビングの片隅に家事スペースのほしかったお母さんも

天然木で作ったオーダーの机がおすすめです。

 

オーダーで机を作るよさは、空間を縦にも使えることです。

限られたスペースには、かなりおすすめです。

 

右上の角の納まりを見てください!!

そして写真ではわかりずらいかもしれませんが

この机は梁の下のスペースに隙間無く入っています。

Img041

 

今回、ご紹介する例は縦にゆったり収納があって

きっと本もアルバムも教科書も参考書も

ランドセルもおもちゃもぜーんぶ納まりますね。

Img051

 

  

入学の準備をされているご両親は、お正月に

おじいちゃんやおばあちゃんからプレゼントされたランドセルを

クローゼットの中にしまいこんだりしていませんか?

 

そのランドセルをオーダーした机の空間におもちゃと一緒に収納してみてください。

遊んだおもちゃを片付けるように、ランドセルも決まった場所に戻すくせが

自然と身につくかもしれません。

 

お子様の想像力をもってしたら、目の前で大工さんに作ってもらった

自分の城はきっと素晴らしく個性的になると思います。

 

 

天板のひろーい天然木のオーダー机で、ちょっとした書き物や家事も

勉強や遊びもきっと楽しく過ごせると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

新しくエコリフォームに入社しましたインテリアコーディネーターの江島貴子です。

これからマンションリフォームの良さを皆様にお伝えしていきたいと思います。

よろしくお願いたします。

 

マンションでは柱型があって壁にくぼみがあることがあります。

なかなか使いづらいスペースではありますが

皆様も収納に利用したり、飾り棚のようにしてみたり

それぞれ工夫されていることと思います。

2011630_017

昨年マンションのトイレのリフォーム工事をご依頼頂いたお客様もトイレの壁のくぼみを

上手に既製品のボックスで収納空間として利用されていたようですが

よりカッコいい空間にされたいということで、リフォームの時にそのくぼみに

作り付けの棚をつけさせていただいてスッキリとしたニッチな収納が仕上がりました。

 

通常、マンションの壁の下地は躯体のコンクリートや石膏ボードなどで

お客様自身が棚をとりつけるのが困難な場合が多いかと思います。

リフォームのときであれば、棚を支えられる木の下地を用意できます。

2011630_015
その下地に棚板を支えるビスを打って棚板を取り付けられます。

R0026356

とってもすっきりとした空間が出来上がりました。

R0026353
床やアクセントクロスをダーク色に、アクセサリーをシルバー色にした事で

とてもスタイリッシュなトイレとなりました。

ちょっとしたことで快適空間に変わります。

リフォームでステキな暮らしをつくってみませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »