« マンション自然素材セミナー開催 | トップページ | マンションの網入りガラスのひび割れ(熱割れ) »

LED仕様のダウンライト

こんにちは、コーディネーターの薄井です。

今日は、だいぶ広まりを見せています、LED照明のお話です。

お家の照明の球を、LEDに交換された方も、多いのでは

ないでしょうか。使い心地は、如何ですか?

 

LEDの照明の良いところは、

●向こう10年間くらいは、電球交換が要らないところと、

●消費電力が少なくて済むところです。(白熱灯に比べると1/5くらいです)

 

その分、器具自体の金額は、まだまだ高価なので、

私たちも、これまで、ポイント的にLEDの器具を使わせて頂くことはあっても、

お家全体の照明をLEDにさせて頂くことは、なかなかありませんでした。

 

そんな中、今回、あるマンションリフォームの事例で、施主様のご希望により、

ダウンライトを全て、LEDの器具で、させて頂くことになりました。

 

Led_5 

 

LEDの器具には、2タイプあって、

器具と電球が一体になっていて、10年位使って寿命を迎えたら、

器具ごと交換をするタイプのものと

(その場合、自分で交換はできないので、電気屋さんを頼むことになります)

 

蛍光灯や白熱灯で使える器具の、球だけを、市販されている

電球型LEDランプに交換するタイプのものがあります。

 

後者の方が、気が楽のようですが、市販されている電球型LEDランプの

中には、あかりの広がり方が狭すぎて、暗く感じてしまうものや、

形状が合わずぴったり設置ができないものもありますので、

注意も必要です。

 

そんな条件もある中で、今回お客様が採用を決められたのは、

コイズミ照明の新商品のダウンライト ADE 651 083です。

Aed_651083_2

                           (画像:コイズミ照明ホームページより)

こちらの器具は、下の、東芝製のLEDユニットを使用する画期的な器具です。

Led_6

                           (画像:東芝ライテックホームページより)

上のユニットを、ランプとして使う、専用のダウンライトです。

 

実際に設置して、点灯してみますと、光の広がり具合もちょうどよく、

暗く感じることはありません。

10年くらい経ったら、このユニットを、自分で交換することができます。

 

Led_7

光の色が、白っぽいものと、オレンジっぽいものの2色あって、

こちらは、住まいなので、温かみの感じられるオレンジの方を選ばれました。

 

やわらかく、優しい印象の明かりが、空間を優しく照らしてくれます。

キッチン、廊下、トイレ、洗面室、玄関など、居室以外の全ての部屋を

LEDのダウンライトにしましたが、言われなければ誰もLEDとは

気づかないかもしれません、それくらい、自然なあかりです。

 

意識の高いお客様のお陰で、私も大変勉強させて頂きました。

こちらのダウンライト、LEDをお考えの方には、とってもお勧めです。

|

« マンション自然素材セミナー開催 | トップページ | マンションの網入りガラスのひび割れ(熱割れ) »

オススメのもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/58785/42415409

この記事へのトラックバック一覧です: LED仕様のダウンライト:

« マンション自然素材セミナー開催 | トップページ | マンションの網入りガラスのひび割れ(熱割れ) »