« 自然素材のマンションリフォームで、エアコンの効きが倍増!! | トップページ | 中古マンションの管理 »

江東区のマンション全面リフォームのその後①

こんにちは。

今日から10月ですね。早いものです。
9月は残暑が厳しかったですが、ここ一週間で本当に秋らしくなりました。
現場での作業の職人さんたちも、涼しくなってホッとしているようです。

さて、本日は先日ご紹介をさせて頂きました、
江東区のマンションの全面リフォームをさせて頂いている現場のその後を
ご報告致します。

着工から半月ちょっと経過し、スケルトン状態だった空間が、
だんだんにお部屋らしくなってきました。
まず、スケルトンにした状態から取り掛かった工事が、
新たに壁を造る工事でした。

築年数のたったマンションですと、新築のマンションに比べて、
電気の設備が整っていない為、コンセントやテレビ、電話の配線を増やす必要が
出てきます。

ただ、その新規配線の工事はマンション特有の問題があります。

 
マンションはコンクリートで囲まれていますので、既存の配線は
新築の時に計画され、躯体(コンクリートの壁)に埋め込まれている場合が多いのです。
その躯体を削って移設する事はできません。
ではどうするかというと・・・。

①露出配線 といって、配線が壁をずるずると這うような形で配線をする。

②壁を新しく造ってその中を配線する。

 

などの方法があります。

こちらのお宅は②の壁を新しく造ってその中に配線をしていく方法を
とりました。

既存の壁より20cm弱手前に出てきてしまうので、若干お部屋は狭くなりますが、
露出配線よりお部屋がすっきりします。

↓こんな感じで壁の前に新たに壁を造っていきます。

P9270074_2

そしてその壁と壁の間に配線していきます。↓

P9200022

工事が始まると週末ごとにお客様とお打合せをさせて頂きました。

夕方からのお打合で、ライトを灯しながら図面をご覧頂きました。

2010912_057 

マンションの全面的なリフォームとなると、
決めて頂く事も沢山ございます。
毎週お休みのところK様ありがとうございます。

来週から仕上げの工事です。

今の時点でもすでに素敵な空間なのですが、自然素材をふんだんに使った
リフォームですので、完成が楽しみです♪

|

« 自然素材のマンションリフォームで、エアコンの効きが倍増!! | トップページ | 中古マンションの管理 »

マンションのリフォーム工事の模様」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/58785/37023656

この記事へのトラックバック一覧です: 江東区のマンション全面リフォームのその後①:

« 自然素材のマンションリフォームで、エアコンの効きが倍増!! | トップページ | 中古マンションの管理 »