« 2010年9月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年10月

素敵なマンションスケルトンリフォーム

こんにちは、コーディネーターの薄井です。

つい先日、千葉が担当させて頂いておりましたスケルトンリフォーム

完成し、お引渡しを迎えました。

お引渡しの前の前の晩、ほとんど完成した現場へ、

届け物があるので行くというので、私もついていきました。

 

Dsc05603  

出来上がりは、それはそれは素敵な住まいになっていました。

こちらの現場へ来たのは、私は初めてですが、

以前に、別のお客様の現地調査で一度、こちらのマンションに

伺ったことがあります。

 

 

一般的な、3LDKの間取りから、大きな土間と、クローゼット、寝室、

そして広いLDKという、とても自由な発想の間取りに変わっています。

あまりツヤとか、ツル、ピカしていないものがお好きだそうです、お客様。

そのお気持ち、良く分かります!!

 

 

 

夜のアミス(半透明のかっこいい引戸です)が、どのくらい透けるか

検証中・・・ 

20101021_016  

 

こだわった建具の寸法や照明について、千葉から話を聞く私。

20101021_018

 

無垢の床に座って、「いいねぇ」「落ち着くねぇ」「かっこいいねぇ」と

皆で、しみじみ、良さを味わってきました。

かっこいいんだけど落ち着くのって、なかなか無いんですよね。 

特に、夜は、照明の感じを体感できて、一段と良いですし、

私にとっては、勉強にもなります。

 

工事をお任せ下さり、たくさんご協力を頂いたお客様、

工事中、ご迷惑をお掛けすることをご理解下さったご近隣の皆様、

一生懸命空間を作ってくれた職人さん達やスタッフの

皆さん、ありがとうございました。

こちらのリフォームについては、後ほど千葉から詳しく

語らせて頂くことと思いますので、お読みいただければ幸いです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中古マンションの管理

こんにちは、コーディネーターの薄井です。

今日は、リフォームに直接関わることではないのですが、

マンションの管理の話です。 

 

この仕事をしている中で、お客様からご依頼を頂いて、

色んな中古マンションにリフォームの現地調査で伺う機会があります。

P9120067

マンションの購入をお決めになってから、もしくは購入が済んでから、

リフォームの相談のため呼んで頂くことが多いのですが、

メインエントランスを入った瞬間に、同じくらいの築年数でも管理の行き届いている

マンションと、そうでないマンションがあることを感じます。 

  

管理人さんを頼んで、しっかりと管理をしていらっしゃれば、

築年数の経ったマンションでも、床にはごみひとつ無く、

掲示板もきちんとして、自転車なんかも、整然と並んでいますね。 

 

築年数の経ったマンションだと、オートロックでない場合もありますが、

管理人さんが常駐でいらして、出入りの方をきちんと

目を光らせて下さっていたほうが、オートロックよりもかえって

安心という場合もあるかもしれません!

本当に、そのようなマンションを、いくつも見ました。

  

これは、自分が住むにあたって、もちろんきれいなほうが良いけれども、

マンションそのものの資産価値を高く保つという意味でも、

とっても重要なことですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江東区のマンション全面リフォームのその後①

こんにちは。

今日から10月ですね。早いものです。
9月は残暑が厳しかったですが、ここ一週間で本当に秋らしくなりました。
現場での作業の職人さんたちも、涼しくなってホッとしているようです。

さて、本日は先日ご紹介をさせて頂きました、
江東区のマンションの全面リフォームをさせて頂いている現場のその後を
ご報告致します。

着工から半月ちょっと経過し、スケルトン状態だった空間が、
だんだんにお部屋らしくなってきました。
まず、スケルトンにした状態から取り掛かった工事が、
新たに壁を造る工事でした。

築年数のたったマンションですと、新築のマンションに比べて、
電気の設備が整っていない為、コンセントやテレビ、電話の配線を増やす必要が
出てきます。

ただ、その新規配線の工事はマンション特有の問題があります。

 
マンションはコンクリートで囲まれていますので、既存の配線は
新築の時に計画され、躯体(コンクリートの壁)に埋め込まれている場合が多いのです。
その躯体を削って移設する事はできません。
ではどうするかというと・・・。

①露出配線 といって、配線が壁をずるずると這うような形で配線をする。

②壁を新しく造ってその中を配線する。

 

などの方法があります。

こちらのお宅は②の壁を新しく造ってその中に配線をしていく方法を
とりました。

既存の壁より20cm弱手前に出てきてしまうので、若干お部屋は狭くなりますが、
露出配線よりお部屋がすっきりします。

↓こんな感じで壁の前に新たに壁を造っていきます。

P9270074_2

そしてその壁と壁の間に配線していきます。↓

P9200022

工事が始まると週末ごとにお客様とお打合せをさせて頂きました。

夕方からのお打合で、ライトを灯しながら図面をご覧頂きました。

2010912_057 

マンションの全面的なリフォームとなると、
決めて頂く事も沢山ございます。
毎週お休みのところK様ありがとうございます。

来週から仕上げの工事です。

今の時点でもすでに素敵な空間なのですが、自然素材をふんだんに使った
リフォームですので、完成が楽しみです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年12月 »