« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

完成撮影と、嬉しいお招き

こんにちは、コーディネーターの薄井です。

昨日は、先週お引渡しをさせて頂いた、新宿のマンションリフォームK様邸の完成撮影をさせて頂きました。

カメラマンが入らせていただき、素敵に家具や小物がセッティングされた室内を、撮影させて頂きました。

R0020537_2  

撮影と同時進行で、リフォームのことについて、インタビューもさせて頂きました。

インタビューでは、嬉しいお言葉をたくさん頂いて・・・!! 感無量です。

R0020715_6

本当に素敵なK様ご夫婦と出会えたことが嬉しい。

そして、私たちの仕事って、こんな風にお客様から直接感想を頂く事ができて、幸せな仕事です。

詳しいインタビューの内容は、またまとめてホームページでご紹介をさせて頂きますね。

その後は、またまた素晴らしい時間が待っていました!!

なんと、お食事にご招待いただいたのです!!

R0020807_2

ご主人様の行きつけの歌舞伎町の「韓国館」という韓国料理屋さんで、美味しいお肉と野菜やキムチ、チヂミなど、おなかいっぱい(張り切って!!)頂きました。

写真のお料理は、サムギョプサルというそうです。油が下に流れ落ちるようになっている鉄板で、お肉を焼いて、カットして。鉄板の上で、結構お手間のかかるお料理でしたが、ご主人様が、実に見事な手さばきで、美味しく作って下さいました。

本当に美味しくて(めちゃくちゃいっぱい頂いちゃいました)、お話も楽しくて、とっても楽しい時間でした~!!

ご縁を頂いて、出来上がった空間を喜んでいただき、そして、こんな美味しいおもてなしまでして頂いて、なんて嬉しい事でしょう・・・昨日の夜は、寝る前にしみじみ幸せを感じました。

K様、本当にありがとうございました。

これからも、宜しくお願い致します♪

 

そして、韓国館さんには、昨日はお留守番だった千葉も一緒に、また伺いたいと思います!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

江東区造作家具リフォーム

江東区造作家具リフォームが完成しました。

とっても素敵な世界に1つしかない勉強デスクが完成です。

今年小学校にご入学のH君!ランドセルが入るようにデスク下に棚を造らせて頂きました。

完成を見てH君『ぼく今日はここにずっといると思う!すごいカッコいい!』と喜んでくれました。

H君が喜んでくれている姿を見れて本当に嬉しく思います。

2010216_008

お仕事でお帰りが遅いご主人様も前日製作途中のデスクをみて、

『いいなぁ~』と仰って頂いたと奥様よりお聞きしました。

お客様が喜んで下さるのが何より嬉しいです。

素材も自然のものにこだわり、塗装も自然塗装とさせて頂きました。

5感が敏感で、お料理のお塩が変わるだけで『今日のお塩違う!』とわかってしまうH君。

『においはどお?大丈夫?』と聞いてみると、『平気!!』とのお答え!

良かったです。

自然素材といえ、若干いつもと違うにおいが残ってしまうので、暫くは換気をして頂き、

あとは思う存分こちらのデスクで勉強やら工作やらを楽しんで頂ければと思います。

このデスク、今は大きいですがH君やT君があっという間にデスクが小さく見える日がくるんだろうな・・・。

アジアンテイストでインテリアをまとめてらっしゃるY様邸にぴったりのお色のデスクです。

リビングのカウンター下にも棚を造らせて頂きました。

こちらはカウンターの色に合わせてお色を濃い目にしています。

本を収納されるとのことで、ある程度の重さにも耐えられるよう、しっかり固定いたしました。

お気に入りの籠がおありとのことで、その籠の高さに合わせて設置しています。

高さも奥様と、『このぐらいかな、う~んあと1cmくらい上でもいいかな~?』

とその場でお打合せをさせて頂きました。

完成し、お子様お二人にもご主人様にもそして、ずっとお打合せをさせて頂いた

奥様にも気に入って頂けたようで、本当に良かったです。

ありがとうございました。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (1)

江東区造作家具リフォーム

こんにちはコーディネーターの千葉です。

江東区の造作家具リフォームが着工しました。

お子様のデスクをピッタリとしたサイズで作られたいとのご依頼を頂き、

奥様に何度もお打合せのお時間を頂戴し本日着工いたしました。

2010215_013_2 

お持ちの家具やウッドブラインドのお色と合わせ、カルデットと呼ばれる

自然の塗装を事前にさせて頂きました。なんともいいお色です!

Dsc03764

石田大工が梁の部分を丁寧に欠いてピッタリに仕上げました。
オーダー家具の良いところはなんと言ってもピッタリなところです。

寸法もそしてお色もお好みのものに仕上げることが出来ます。
でもぴったりに作ることはそう簡単な事ではありません。

どんなお家もそうなのですが、壁や柱がまっすぐではない事が多々あります。
それにあわせてピッタリの家具を作ることは大工さんの腕にかかっています。

石田大工は数ミリ単位で寸法の誤差を調整していました。
本当に職人技です!!

Dsc03758

そして、作業をしている私達に奥様が『寒いのでどうぞ』とチャイや豚汁を作って下さいました。とっても美味しく心も体もホカホカ温かくなりました。

玄関を開けっ放しで作業をさせて頂いていたので、奥様もお部屋にいらしても寒かった事と思います。それなのに私達にお心遣いを頂きありがとうございました。ごちそうさまでした。

明日は本日組み立てた家具を固定する作業に入らせて頂きます。

今日はまだ家具の固定まではいきませんでしたので、残念ながら今日からデスクを使ってもらうことはできませんが、明日には楽しみにしてくれているH君やT君に使ってもらえるように頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »