« 新宿のマンションリフォームK様邸① | トップページ | リフォームをさせて頂いたその後・・・。 »

マンションリフォーム物語~自分らしい住まい~③

こんにちは、コーディネーターの薄井です。

マンションリフォーム物語~自分らしい住まい~、工事が進んでいます。

 

マンションの内装リフォームを行っていますが、今日は、今回使用している塗料のお話です。

ドアや枠などの木部を白く塗る箇所がありますが、今回は私たちも木部には初めて使う塗料、デュブロンを使用させて頂いています。

 

私たちは、デュブロンを、いつも、オガファーザーという、紙と木からできた壁紙の上に仕上げにの塗装に使っています。

水性の、ちょうど子供の頃に使った絵の具のような質感の塗料で、環境先進国ドイツのリボス社のものです。

人体に有害な物質が出ないことはもちろんなのですが、マットな質感の仕上がりが、とっても素敵なんですよ♪

(デュブロンについては、例えば、『自然素材でスタイリッシュ空間』の事例でも、詳しくご紹介をさせて頂いていますので、是非ご覧になってみてください。) 

 

 R0011057  

こちらのお宅では、洗面室とトイレと浴室が、ひと部屋になっています。

2年半前のリフォームで、無垢の腰壁を作らせていただいていました。 

 

 

 

 

R0017895 お客様が2年半かけて、少しずつDIYをなさっている中で、写真のように、デュブロンの白で木部を塗装なさっていましたので、今回のリフォームで塗装をご依頼頂いた箇所の中で、白くしたい木部は、同じようにデュブロンで塗装させて頂くことにしました。

 

 

 

 

 

私たちは、これまで木部にデュブロンを塗装した事がなかったのですが、メーカーに確認したら、デュブノという専用のシーラー(下地)を塗ることで、木部にも使用OKなんだそうです。

 

塗装屋さんが、ドアや枠などを塗っていきます。

Dsc03333   

 写真で見ると、白なのですが、実物を見ると、ペンキの白とはもちろん違いますし、オイルの白とも、また違います。

ペンキと比べれば、汚れは付きやすいですし、強く擦ると剥げてしまいますが、私は、この質感、とても好きです。

時間が経てば、どんなものでも汚れたり、傷んだりしていきますが、デュブロンで塗装した木部は、汚れたり、塗料が剥げたりしても、そこがまた味わいを帯びていい感じになりそうです。

 

お客様も、仕上がりをご覧になったら、喜んでくださる事でしょう♪

★こちらのお客様の記事その【4】はこちら

★こちらのお客様の記事その【2】はこちら

★こちらのお客様の記事その【1】はこちら

|

« 新宿のマンションリフォームK様邸① | トップページ | リフォームをさせて頂いたその後・・・。 »

マンションのリフォーム工事の模様」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/58785/32993149

この記事へのトラックバック一覧です: マンションリフォーム物語~自分らしい住まい~③:

« 新宿のマンションリフォームK様邸① | トップページ | リフォームをさせて頂いたその後・・・。 »