« マンションリフォームの注意点 | トップページ | 無垢のフローリングのサンプル作成 »

マンションの理事さんの経験

こんにちは、コーディネーターの薄井です。

朝夕、だいぶ涼しくなってきましたね。秋は、おしゃれが一番楽しめる季節だから、ワクワクするねshineって、この間千葉とも話をしていました。(いや、美味しいものがいっぱいだから嬉しいのかも?笑)

今年は、いつもに増して、早い時期からブーツをはいている女の子が目立つように思います。かわいいからなぁ~♪

 

さて、今日は、マンションの室内のリフォームの話ではないのですが、お客様でマンションの理事さんをやっていたことのある方から、教えていただいたお話です。

Dsc02023_2こちらのお客様は、今は一戸建てのお家に住んでいらっしゃいますが(そのお家のリフォームを、私たちにご依頼頂いたんです)、以前に、ご所有のマンションに住んでいたときに、管理組合の理事さんをなさっていたそうです。

皆さんの意見を取りまとめて、色んな事を決定していく会ですから、大変なことも多くていらっしゃったと思います。

中でも、こちらのお客様は、大規模修繕を、担当なさったそうです。

 

マンションでは、それぞれが所有する専有部分と、皆で使うエントランスや外壁、給排水管などの共用部分があります。

専有部分は個人でメンテナンスをしますが、共用部分は住人ので方々が毎月貯める修繕積立費を使って、10年とか15年のスパンでメンテナンスをします。今、話題の地デジへの切り替えも、修繕積立費を使って、なさるマンションも多いのでは無いでしょうか。

 

さて、こちらのお客様は、築16年の時に購入した、都心からほど近いマンションに10年間お住まいで、大規模修繕をなさったそうです。 

500や600世帯くらいあるマンションであれば、積立金の額もまとまったものになるのだと思いますが、そのマンションは24世帯だったそうで、そうすると、修繕を行う時点での個人の金額の負担が、どうしても大きくなってしまいます。

それでも、これから先、安心して暮らすため、また、売却する際にも、共用部分のきれいさは、重要なポイントですので、いつまでもやらない訳にはいきませんね。

マンションの居住者の方には、新築で購入されずっと住んでいる方と、中古で購入された方がいらっしゃったそうです。ずっと住んでいる方々は、割と世代が高めで、金銭的にも余裕があり、「この際だから、ちょっとお金が掛かっても、リフォームやっちゃいましょう!」という意見が多かったのに対し、中古で入居してきた方達は、子育て世代という事もあって、「なるべく費用の負担は少ないほうが。。。」と、意見が対立して、取りまとめが大変だったの、と仰っていました。

中心となって取り組まれたお客様は、さぞかしご苦労もあったことと思いますが、無事に修繕を終えられたそうです。(それが終わってから、肩の荷も下りてほっとして、一戸建ての購入を考え始めたんだそうです。笑。)

マンションのご近所づきあいって、あまり無さそうに見えますが、マンションは住人のかた皆さんの共有の財産ですものね、皆で話し合って決める必要のある事項も、多いんですね。

また、別のお客様は、理事さんにおなりになって、大変ではあるけれども、これまで面識の無かった同じマンションの方々と知り合いになれて、なかなか楽しいですよ、と仰っていました。さながら、町会活動のような雰囲気なのでしょうか。

そんな、マンションの理事さんのお話でした。皆さんのために、忙しい中、理事さんを引き受けて下さっている方には、本当に感謝しないといけませんね。

 

マンションリフォームの事例もたくさんあります、宜しかったらご覧下さい。

http://www.eco-mansion.jp/example/index.html

 

|

« マンションリフォームの注意点 | トップページ | 無垢のフローリングのサンプル作成 »

よもやま話」カテゴリの記事

マンションリフォーム特有のこと(管理規約・防音・構造のこと等々)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/58785/31463760

この記事へのトラックバック一覧です: マンションの理事さんの経験:

« マンションリフォームの注意点 | トップページ | 無垢のフローリングのサンプル作成 »