« アクセントウォールに飾る絵の位置 | トップページ | マンションリフォームの注意点 »

和室を洋室にする場合の注意点

このブログでは初めて投稿します。

マンションリフォームで施工を担当しております一級建築士の塩谷敏雄と申します。

設計監理も同時に行っています。

いままで、数多くのマンションリフォームにコーディネーター達と施工を行って参りました。

その中で、施工の面から色々と考慮しなければならない事を記します。何かの参考にして頂ければと思います。

マンションリフォームで間取りの変更工事のご要望で多いのが、リビングの隣にある「和室を洋室にする」工事です。

リビングを広い面積を確保し、ゆったりとしたスペースにするため間にある間仕切りを撤去したりします。

マンションと一言に言っても色々な種類があります。

内装に使用されている部材も木下地からLGSと言われる軽量の鉄材まで様々です。

そして、間にある取り壊す壁も不可能な場合もあります。

「壁式コンクリート構造」の建物の場合です。

耐力壁といわれる間仕切壁は、構造体となっており撤去できない壁なのです。

また、撤去する場合に一部屋となった時に隣との壁や、梁に注意しなければなりません。

同じように見えても段差があったりすると、余計な手間やお金がかかります。

これは事前に、業者にきちんとチェックしてもらい、かかる費用を明確にしてもらいましょう。

また、撤去する壁の中に、ガス管や電線「スイッチやコンセント」そして電話などがある場合は費用を計上されます。

また、移設する場所についても細かい打ち合わせが必要です。

床の段差についても良く問題になります。

古い和室だったものの下地に砂を敷いて不陸を調整している例もありました。

同じように見える2部屋も壁や天井、床の高さは同じではないと理解してください。

これらの不陸を調整したり、設備を移動したりする費用はなかなか事前に理解をしていないと概算の見積りでは分からない事が多いのです。

また、照明の位置についても移動の必要があったりします。そして、空調設備も部屋が大きくなれば容量も増えてきます。

和室を洋室にするなどというと簡単な工事に見えますが、2部屋を1つにする場合はこれらの事を、よくチェックする必要があります。

|

« アクセントウォールに飾る絵の位置 | トップページ | マンションリフォームの注意点 »

マンションリフォーム特有のこと(管理規約・防音・構造のこと等々)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/58785/31389173

この記事へのトラックバック一覧です: 和室を洋室にする場合の注意点:

« アクセントウォールに飾る絵の位置 | トップページ | マンションリフォームの注意点 »