« 江東区で進行中のマンションリフォーム | トップページ | マンションリフォーム完成しました。 »

中古マンションの価値

こんにちは、コーディネーターの薄井です。

以前に、マンションリフォームを終えられたお客様に、感想をインタビュー形式でお聞きしていた時のことです。 

 

私がさせて頂いた質問のひとつ、

費用の面では、中古マンションのリフォームは、例えば新築のマンションを購入するとか、その他の選択肢と比べて、費用対効果はいかがだったとお考えですか?」に関連して、中古マンションの価値の話になりました。 

(我ながら、ずいぶんと突っ込んだ質問です・・・)

 

築20年ほどのマンションを、中古で購入され、リフォームをなさったお客様です。

上の質問に対するお客様の答えはと言うと、

「新築と中古を、単純に比較する事は難しいと思うんですよね、新築は新しいわけで、中古は中古ですからね。なので、大切だと思うのは、そこに投じた金額の分、満足できる家を手に入れられたか、っていう事だと思うんですよね~」

と、仰っていました。 

 

Dsc02023_2

お客様が仰った事は、本当にもっともで、私は野暮な質問をしてしまったなぁ・・・と少し反省です。 

 

中古のマンションはあくまでも中古で、新築ではありません。

内部の仕様は新しく出来ても、躯体を新しくする事は出来ませんし、階段や外壁などの共用スペースは居住者の毎月の修繕積み立て費を使って定期的にリフォームをしますが、そもそもの築年数は、短くする事は出来ません。 

 

なので、不動産価値としては、築年数が経てば下がっていくということになります。 

 

日本で一番古いマンションが、力道山の建てた赤坂のリキマンションだそうですが、そちらで1963年の建築、築46年ということになります。

マンションの耐用年数は50~60年と言われているそうです。管理がしっかりしていれば、寿命はもっと延びるそうですが、例えば30年後くらいには、マンション全体の建て替え、なんていう事例が出てくるのかもしれません。

そういった点で考えると、やはり新築は新築で中古は中古なんです。 

 

では、中古マンションに何を求めるかと言うと、不動産価値というよりは、いかに自分の気に入った住まいを手に入れるか、ということに尽きますよね。

自然素材を使ったり、気に入ったエレメントを使用したりといった、自分好みの住まいが、新築のマンションをカスタマイズするよりは、お手ごろな金額で手に入れられる、ということです。

 

「これが私だけの、世界にたったひとつの、大好きな安らげる家!!」って思っていただけるようなマンションリフォームを、これからもご提供していきたいと、強く思ったインタビューでした。 

 

マンションのリフォーム事例を、沢山ご紹介しています!

中古マンションリフォーム

 

|

« 江東区で進行中のマンションリフォーム | トップページ | マンションリフォーム完成しました。 »

マンションリフォーム特有のこと(管理規約・防音・構造のこと等々)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/58785/30995278

この記事へのトラックバック一覧です: 中古マンションの価値:

« 江東区で進行中のマンションリフォーム | トップページ | マンションリフォーム完成しました。 »