« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

空間を少しでもイメージして頂く為に私達が出来ること。

こんにちは、コーディネーターの千葉です。

私達はよく『パース』を使ってお客様にご提案します。
パースとは、『一定の図法により建物の外観や内観を立体的に描いた透視図(Perspective)のこと』です。
なんだか難しそうですが、簡単にいうと、ある程度正確に寸法をとって描いたスケッチのようなものです。

平面図をお見せして、こうなりますよ~素敵になりますよ~!とご説明しても、なかなか空間をイメージして頂くのは難しいですよね。
ここにこんな家具を置いて、壁はこんな色で・・・。ここには絵を飾ってとイメージを膨らませて頂く為に、またリフォームを楽しんで頂きたいので、パースをお持ちする事がございます。

Photo_2 Photo_3

 

 

 

 

Photo_4 Photo_5  

 

 

 

 

 

 

実は一枚一枚手書きなんです。とってもアナログです。
今はパソコン上でデーターを入力すれば、立体的な画像を作ってくれるソフトも沢山出回っていますが、私達はそのソフトをあえて使わず、手書きの良さを大切にしています。

3Dには3Dの良さがあり、早い・正確・すぐに変更が出来る・色が変えられるなど便利な部分が沢山あると思いますが、手書きには温かさや親しみが感じられる何かがあるような気がします。
手書きの年賀状に見入ってしまったり、メールではなく封筒に入って送られてきた手書きの手紙が嬉しく感じられたり・・・。
便利になった世の中ですが、その便利さにはない温かみが感じられると思っています。

お客様のお好きな色・インテリアのテイストなども変えながらパースを書いていきますので、一つとして同じものはありません。
上手・下手は別として・・・。少しでもイメージをして頂けたらなあと思っています。

お客様の理想のお住いを実現するために私達が出来ること

| | コメント (0) | トラックバック (4)

マンションリフォーム完成しました。

Photo こんにちは。コーディネーターの千葉です。
8月上旬から工事をさせて頂いた江東区のマンションリフォームが先日完成いたしました。
住みながらのリフォームでしたので、お客様には沢山ご負担をお掛けしてしまい、大変だったことと思います。

お仕事をされながら、次の日のリフォーム箇所の荷物の移動などをしていただき、沢山ご協力いただきました。
K様本当にありがとうございました。

最後に床の工事をさせて頂いたのですが、床材はエコリフォームお勧めのコルクタイルです。
毎回毎回、コルクはお勧め!とお話をしておりますが、なぜそんなにお勧めかといいますと、実際に工事をさせて頂いたお客様のご感想をお聞きしているからなんです。

コルクは快適と聞いていたからコルクタイルにしてみたけれど、思っていた以上にいいです!と皆様仰って頂けるので、
自信を持ってお勧めしています。

今回工事をさせて頂きましたK様も、小学生のお子様がいらっしゃるのですが、『帰ってきてすぐに床でゴロゴロしてました~』と早速ご感想をお聞かせくださいました。
やっぱり気持ちがいいんですね。夏はべたっとせず、冬は暖か!これから徐々に寒くなる季節ですので更に快適にお過ごし頂けることと思います。
うらやましいな~私も出来ることならコルクにしたい・・・。と思っています。(賃貸なので出来ないのです)

Photo_2 ご生活をされながらのリフォームでしたので、ビフォーとアフターがぱっと変わるわけではなく、毎日ちょっとづつ変化していくので、
『毎日帰ってるのが楽しみでした』と仰って下さいました。
とっても素敵なご家族でリフォームが終わってしまってなんだか寂しい気持ちです。

以外にもキッチンやユニットバスなどを新しくさせて頂いたのでホームページでご紹介をさせて頂ければと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中古マンションの価値

こんにちは、コーディネーターの薄井です。

以前に、マンションリフォームを終えられたお客様に、感想をインタビュー形式でお聞きしていた時のことです。 

 

私がさせて頂いた質問のひとつ、

費用の面では、中古マンションのリフォームは、例えば新築のマンションを購入するとか、その他の選択肢と比べて、費用対効果はいかがだったとお考えですか?」に関連して、中古マンションの価値の話になりました。 

(我ながら、ずいぶんと突っ込んだ質問です・・・)

 

築20年ほどのマンションを、中古で購入され、リフォームをなさったお客様です。

上の質問に対するお客様の答えはと言うと、

「新築と中古を、単純に比較する事は難しいと思うんですよね、新築は新しいわけで、中古は中古ですからね。なので、大切だと思うのは、そこに投じた金額の分、満足できる家を手に入れられたか、っていう事だと思うんですよね~」

と、仰っていました。 

 

Dsc02023_2

お客様が仰った事は、本当にもっともで、私は野暮な質問をしてしまったなぁ・・・と少し反省です。 

 

中古のマンションはあくまでも中古で、新築ではありません。

内部の仕様は新しく出来ても、躯体を新しくする事は出来ませんし、階段や外壁などの共用スペースは居住者の毎月の修繕積み立て費を使って定期的にリフォームをしますが、そもそもの築年数は、短くする事は出来ません。 

 

なので、不動産価値としては、築年数が経てば下がっていくということになります。 

 

日本で一番古いマンションが、力道山の建てた赤坂のリキマンションだそうですが、そちらで1963年の建築、築46年ということになります。

マンションの耐用年数は50~60年と言われているそうです。管理がしっかりしていれば、寿命はもっと延びるそうですが、例えば30年後くらいには、マンション全体の建て替え、なんていう事例が出てくるのかもしれません。

そういった点で考えると、やはり新築は新築で中古は中古なんです。 

 

では、中古マンションに何を求めるかと言うと、不動産価値というよりは、いかに自分の気に入った住まいを手に入れるか、ということに尽きますよね。

自然素材を使ったり、気に入ったエレメントを使用したりといった、自分好みの住まいが、新築のマンションをカスタマイズするよりは、お手ごろな金額で手に入れられる、ということです。

 

「これが私だけの、世界にたったひとつの、大好きな安らげる家!!」って思っていただけるようなマンションリフォームを、これからもご提供していきたいと、強く思ったインタビューでした。 

 

マンションのリフォーム事例を、沢山ご紹介しています!

中古マンションリフォーム

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江東区で進行中のマンションリフォーム

こんにちは、コーディネーターの薄井です。

子供たちは、夏休みももうすぐ終わり。宿題を片付けるのに追われている頃でしょうか?

まだ夏なんですが、日が落ちるのが少し早くなったり、朝夕が過ごしやすくなったりと、秋の気配も感じられ始めましたね。

秋はいいですね~食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋。

私は、この秋、ずっとやりたいと思っていた(遅い?)ヨガ教室に申し込みをしました。どんななのかな?楽しみです。

そして、なんと!!コーディネータ-の千葉は、東京マラソンにエントリーしていました!!倍率高いみたいですね。当たったら、体力づくりの秋となる事でしょう(笑)

Photoさて、そんな千葉さんは、最近、せっせと自転車で現場へ通っています。江東区で、マンションリフォームをさせて頂いている現場です。

お客様と詳細にやり取りをさせて頂きながら、リフォームが進んでいます。  

 

 

 

P8190208キッチンやユニットバス、洗面化粧台、トイレなどを新しくする設備の工事は、大体終わったようで、後は、フローリングの床を、コルクタイルの床にさせて頂く工事が残っています。

 

 

 

P8200288ご家族でいつも過ごされる、LDKの空間、コルクの床になったら、ますます居心地良く、毎日をお過ごし頂けるでしょうね。

 

 

 

こちらのマンションリフォームでは、お客様がお住まいになりながら、工事をさせて頂いています。水まわりをほとんど一新する工事ですので、キッチンやお風呂を使えない日が出てきてしまったりと、お客様にも大きなご負担をお掛けしてしまっているのですが、ご実家がお近くなこともあって、お願いできた事です。

毎朝、鍵をお借りして、夕方お返しに上がります。

奥様がお立会い下さったり、お母様や弟さんが来てくださったりと、ご家族皆さんで協力下さっているんだそうです。ありがたいですね。

 

毎日、お仕事が終わられてお家に帰って、リフォームの進み具合も楽しみにして下さっているようで、私は現場へは行っていないのですが、いつもお客様から頂くメールを、楽しみに拝見しています。

昨日、奥様が下さったメールが、こちらです。

『もうじき完成ですね♪

日に日にきれいになっていって、本当にうれしいです(*´∇`*)
暑い中、毎日お立ち会い頂き、ありがとうございます。
仕事をしながら、住みながらのリフォームなのに、
本当に安心しておまかせでき、感謝しております。
エコリフォームさんにお願いして、
本当によかったなぁと家族みんなで思っております。』
 
 
お引渡しの日まで、引き続きがんばってね、千葉さん!!
 
 
 
 
マンションリフォームの参考になる情報が満載です! 

| | コメント (0) | トラックバック (3)

お客様インタビューの事例ご紹介

こんにちは、コーディネーターの薄井です。

今日は、東京マンションリフォームセンターのホームページに新しく増えた、お客様インタビューの事例のご紹介です。

以前から、私たちのホームページで人気の事例であります、「スケルトンリフォーム マンションリフォーム物語 自分らしい住まい」のお客様に、先日、お客様インタビューをお願いして、語って頂いてきました!

 

506_239完成したインタビュー記事がこちらです。

お客様インタビュー「自分で考えた空間ですから、居心地いいですね。」

 

 

こちらのお客様のリフォームは、ちょうど2年前の夏でした。マンションを自分の好きなようにリフォームしたいと仰るお客様は、こちらのリフォームをさせて頂いた以降、特に増えているように感じます。

 

この度のインタビューでは、

■リフォーム中のことはもちろんですが、

それ以前の

■マンションを探していた時期のこと、

(初めから、手に入れたい空間をイメージして、中古のマンションをお探しになったそうです!)

また、

■リフォームが終わって、お家に暮らされてのご感想、

■その間、塗り壁やタイルを貼ったりなどのDIYもかなり本格的になさっているので、そのあたりのご感想、

そして、

■2年前には先駆けだったと思うのですが、IKEAのキッチンの施主支給の感想なども、お話し下さっています。 

お客様も本当に色々なことを良~く思い出してお話し下さったと思います。 ありがたいことです。 

 

インタビュー中、お客様が何度も仰っていたのが、本当にこちらの空間を気に入っていらっしゃるということ。お話の途中で、言葉の端々に、お家に対する愛着が感じられました、それはそうですよね、リフォーム完成時に気に入っていただいたのはもちろんですが、2年掛けてご自分で少しずつ手を加えていらっしゃるんですから。

私が時々お邪魔させて頂いても、うっとりするような空間です。毎日気に入ったものに囲まれて暮らせる幸せを、こちらのお客様から教えて頂いたように思います。

 

リフォームをお考えの方も、そうでない方にも、是非、お読み頂きたいインタビューです!

 

自然素材を使ったマンションリフォームの事例を、たくさんご紹介しています。 

自然素材 マンションリフォーム

| | コメント (0) | トラックバック (1)

マンションリフォーム『やさしい住み心地 Natural House 自然素材に囲まれる家』

こんにちは、コーディネーターの薄井です。

今日から明日に掛けて、東京にも台風が来るようですね、子供の頃は、台風が来るというとなんだかワクワクしましたが、お勤めを始めてからは、通勤が大変で・・・。土砂災害や、都心でもかん水などがありますから、注意しないといけませんね。ひどくならないことを祈ります。

 

さて、今日は、私たち東京マンションリフォームセンターのホームページに新しい事例が増えましたので、ご紹介させて頂きます。

『やさしい住み心地 Natural House 自然素材に囲まれる家』

_428100㎡を超える広いマンションのリフォームでした。自然素材をふんだんに使った住まいです。

床には無垢のフローリングをはって、オイル塗装で仕上げ、キッチンと洗面脱衣室以外の全ての部屋の天井と壁を、塗り壁としました。 

 

 

_455_2 「自然素材を使った住まい」って、私も憧れますが、こちらのお宅はまさに、その極みだと思います。これくらい自然素材をお使いになれば、"ふんだんに"と言っても差し支えないのではないでしょうか。その恩恵も、十分に受ける事が出来ます。

見た目にも、味わいがあって、もちろんいいのですが、なにが良いかって、やはり機能的なメリットが大きいですよね。 

 

_470 床の木も、壁と天井の塗り壁も、室内の湿度を調整してくれます。

今日みたいな雨の降っている日でも、室内の空気がさらっとしていて、エアコンの温度設定もそれほど低くしなくても心地よく過ごせます。窓を閉め切ってお出かけから帰ってきた時も、ムワっとした暑さが無いでしょう。

 

 

 

 

 

それから、こちらの事例のもうひとつの是非見て頂きたいポイントが、お客様インタビューの記事です。

インタビュー記事はこちらです。

お引越しから少し経ったころに、お邪魔させて頂いて、お客様インタビューにご協力頂きました。

Web担当の大内さんと伺ったのですが、お休みのところお願いしているので、お時間を頂いて申し訳ないにも関わらず、「いいですよ~」と、快くお受けくださって、ご家族皆さんで待っていて下さって、本当にこんなに温かで素敵なご家族とめぐり合えてなんて幸せなこと!と、この時も思いました。

インタビューの最中、嬉しい言葉をたくさん掛けて下さるので、私、涙が出そうでした。

あんな事もこんな事も、ホンネで語って下さっていますので、自然素材を使ってリフォームしようと思ったら、是非読んで頂きたい内容です。

やっぱり、やってみた方にしか分からない気持ち、と言うのがありますよね。

私も、普段リフォームをお手伝いさせて頂いていますが、実際に自分のマンションをリフォームした経験は無いですので、とても参考になります。

 

リフォームの前から最中、終わった後まで、起こった出来事を余すところなくお伝えできるご紹介記事に仕上がったと思います。

あぁ、今、記事を見直して また、それにつけても思いますが、こんなお家に、私も住みたいわん♪

 

 

その他の、自然素材を使ったリフォーム事例も、たくさんご紹介しています!

自然素材 マンションリフォーム

| | コメント (0) | トラックバック (1)

業務用キッチンへリフォームをさせて頂いた事例

こんにちは、コーディネーターの薄井です。

以前にマンションのリフォームをさせて頂いたお客様から、再度のご相談を頂きました。誠にありがとうございます。

以前のリフォームが、こちらは2年半前にさせて頂いたんですが、こだわりのあるリフォームでしたので、ご紹介します。

お住まいのマンションの、キッチンを新しくするリフォームでした。

リフォーム前のキッチンがこちら。

Dsc01797きれいにお使いでしたが、ごく一般的なマンションのキッチンです。

こちらのお客様は、ステンレスが大好きでいらっしゃって、ステンレス製の業務用キッチンに、交換をさせて頂きました。

  

完成の様子がこちらです!!

Dsc01838すっきりかっこよくて、住む方の想いを感じますよねー。

採用したのは、ステンレス製業務用キッチンのパイオニア的な存在である、サンウェーブの商品です。業務用キッチンも色々出回っていますが、やはりサンウェーブのものはステンレスもしっかりしていて、高品質です。

 

Dsc01843シンク、作業台など、組み合わせは色々ですが、こちらのお客様は、引き出し付きのキャビネットをお選びになりました。

もともとのキッチンの、水栓が付いていたひな壇のところはそのまま活かして、業務用キッチンの施工をしています。こうすると、壁を壊したりしなくていいですし、水道工事の手間も少なくて済みます。

 

以前のキッチンでお使いだった、置き型のIHクッキングヒーターも、新しいキッチンにぴったり納まっていますね。

リフォームから2年半、とってもきれいにお使いだそうです!

ステンレスって、ゴシゴシ擦っても平気な、とても耐久性の高い優秀素材ですが、油が付いてしまったのを放っておくと、白くくもった感じになってしまいますよね。大切にして頂いて、こまめにお掃除をして使ってくださっているんだと思うと、嬉しくなります。

 

さて、今回頂きましたご相談は、お風呂の改装です。

以前にご依頼を頂いたお客様から、またお声を掛けていただくのは、私たちにとっては本当に嬉しい事です、今回もご満足いただけるように、しっかり工事をさせて頂きたいと思います。

 

 

マンションリフォーム 事例

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »