« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

押入の有効活用

マンションにお住まいお客様からよく収納についてのご相談を頂くことがあります。

和室の押入が奥行きが深くて使いにくいので使いやすいようにリフォームできませんか?

や収納したいものは決まっているけれど、効率よく収納したい。などです。

こちらのお客様も収納にお困りでした。

もともと和室には1間の押入があり、その隣は床の間でした。

 

Photoバックや靴を沢山お持ちのお客様でしたので、それらをスッキリしまえるように

床の間をなくして一面収納にされたいとご要望がおありで、リフォームをさせて頂きました。

襖の高さを180cm→200cmに拡げ出来る限り収納としてお使い頂けるようにしました。

 

この押入に収納されたいお客様のお持ち物を細かく伺って、その寸法に合った収納計画をイメージして頂きやすいよう に絵にしてお持ちしました。

 

 

Photo_6

この奥行きをクローゼットの奥行きにしてしまうとお布団のしまう場所がなくなってしまうので、ここが悩ましいところです。

こちらのお客様は押入に向かって右側をお布団や大物をしまっていただけるように本来の押入の形を残しました。

そして左側は奥様のお持ちのバックや靴をしまっていただけるように棚板細かく刻みました。

 

 

 

 

Photo_4そしてこちらの棚はダボで可動できるので、『あと数センチあれば入るのにな~』といった事にも対応。

奥様より『とっても使いやすくなってまだまだ収納できそう♪』と嬉しいお言葉を頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_5 そして右側の部分にはハンガーパイプを2本取り付けました。

少しだけずらす事で、ハンガーとハンガーが互い違いにかけられて、1本の時よりも多くお洋服をかける事ができます。

こちらのハンガーパイプの高さも、お客様の使いやすい高さを何度も確認し、一番最適な位置に決定しました。

 

 

 

 

 

 

毎日家事をされる奥様にとっては収納の使い勝手が悪いとストレスになります。

サッとしまえてさっと取り出せる収納になれば楽ですね。 

 

マンションリフォーム 東京

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続・洗面台のリフォーム

Ch709_791こんにちは、コーディネーターの千葉です。
前回の薄井さんの『洗面台リフォーム』の記事に便乗しまして、洗面台つながりでお話したいと思います。

洗面台を自分らしくリフォームをされた方の事例をご紹介します。こちらのお客様、洗面台をオーダーで造らせて頂きました。
洗面ボールから水栓、カウンターの高さや棚板の枚数、カウンターの塗装の色まで、全て一つ一つお選び頂き、大げさに言うと世界に一つだけの洗面台が完成しました。

 

 

 

 

 

Pc110209 スイッチプレートまでこだわられたんですよ~。
こちらのスイッチプレートは陶器で出来ていて、ほっくりとしていてかわいらしいんです。
このスイッチプレートはお客様がネットで探されて、ご支給頂きました。

オーダーの良いところはなんと言っても、ピッタリであること、その空間に合わせて作っていきますので、そこに住まわれる方のこだわりが感じられます。

 

 

 

 

R0014840 サイズもピッタリになるように、現場で合わせて施工していきます。

カウンターを造る大工さんと水栓をつないだり配管をする水道業者さんが細かく打合せ。

 

 

 

どのくらい棚板を欠けばいいのかなどを打合せしてこうなりました。↓ピッタリですね~。

2008126_023 大工さんも、出来るだけ棚に物が乗るようにと、水道管のギリギリのところまで棚が来るようにしてくれました。

また、ご要望に対応できる事ですね。既成の洗面台ではなかなか、このようなカウンターのお色は見つけ出すのが難しいと思います。
こちらはご希望の色に近い色見本を何色かお造りて、実際使う木材に塗装をして、色味を見ていただき決定しました。
『想像通りの色で気に入ってます!』と仰っていただけました。

 

洗面室の床は水にも強いコルクタイルに。コルクは本当に良いです!!と仰って頂きました。
大好評のコルクタイルのご説明はこちらをご覧下さい→コルクタイル

お仕事でお忙しいにもかかわらず、何度もお客様には現場にご足労頂き、一つ一つ御確認頂きながら工事をさせて頂きました。
『現場の雰囲気が好きなんです。本当ならリフォームの間毎日現場に来たいくらいなんですよ~』と仰って頂き、楽しみながらリフォームをされているのが印象的でした。

こちらの事例は東京マンションリフォームセンターでご紹介をさせて頂いています。↓

~自然素材でスタイリッシュ空間~

http://www.eco-mansion.jp/example/200905.html

マンションリフォーム 事例

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洗面台のリフォーム

こんにちは、コーディネーターの薄井です。最近、こちらのブログから少し遠ざかってしまいました。。。書きたいことは沢山あるのにー。

さて、今日は洗面台のリフォームについてです。

普通の洗面化粧台って、ありますでしょう?あれの、鏡の部分が好ましくない、って思うこと、ありませんか?

こちらのお客様も、そんなご意見をお持ちでした。

写真の洗面台の鏡の両脇に付いている棚が、ごちゃごちゃして嫌なんです!!と、仰っていたんです。

そのご意見には、個人的にとても共感します。1

ただ、こちらのお客様は、とてもきれいにリフォーム済み(リノベーションと呼ぶほうが、しっくりくる感じです)のマンションを購入なさっていましたので、洗面台も、新しいものでした。

捨ててしまうのはもったいなかったので、こんな風にリフォームをしました。

 

 

 

2 元々の洗面台のミラーの部分だけを撤去して、正面の壁には真っ白の水が掛かっても大丈夫なパネルをはり、シンプルな四角いミラーと、同じくシンプルな四角い照明を取り付けました!

素敵になったと思いませんか?

洗面台の下の部分は、以前のままです。給水や排水の交換もしませんので、全部作りかえるより簡便な工事で、シンプルですっきりとして、かつ少しオリジナリティーのある洗面台が出来上がりました。

お客様も、これならOKよ~!!と満足してくださいました。

 

こちらのお客様、とてもおしゃれな方でいらっしゃいますので、本当は、一番の希望はオリジナルでお作りになりたかったのかもしれません。(前のお住まいは、ご自分で計画されて色々お作りになったと仰っていましたから!)

ですが、まだ新しいものを捨ててしまうのも忍びないですので、こちらの洗面台くらいの仕上がりになれば、毎日使うのも気持ちよいと言いますか、なんか爽やかと言いますか、許容して頂けるのではないかなーと思っています。

 

良いもの、かっこいいものを求めれば、それは際限なくありますが、そのことは分かった上で、今あるものを活かして、少しでもご自分の好みの空間に近づける、こんなリフォーム、とても素敵だと思います。

実際に、他のお客様でも、既製の洗面化粧台がお嫌、というお客様が結構いらっしゃって、特に女性の方に多いですが、でもこんな風にアレンジした洗面台なら、OKを出していただける事も多いですよ♪

リフォームの事例を沢山ご紹介しています。

中古マンションリフォーム

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »