« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

マンションリフォームが始まりました

Photo_4 こんにちは、コーディネーターの千葉です。

先日板橋区でマンションリフォームが始まりました。

中古マンションを購入され、自然素材を使ったリフォームをご希望で弊社にお問合せを下さったお客様です。小さなお子様がいらっしゃる事と、アレルギーをお持ちとの事で、体に負担の少ない素材を中心にご提案をさせて頂きました。

 

Photo_5工事をはじめさせて頂く前に、まずリフォームしない箇所を養生をさせて頂きます。

お客様よりお預かりした大切なお住いです。これから約2週間大切にリフォーム工事をさせて頂きます。

 

 

 

Photo_6養生が完了したら次は解体です。床は全室コルクタイルを貼らせて頂く予定ですので床の解体から工事は始まります。

このフローリングを剥がしていく作業は、ただ床を剥がすだけなら良いのですが、ちょっと根気のいる作業です。防音の為のスポンジのようなものが床にへばり着いているので、これを手作業で綺麗に剥がしていきかなければなりません。(この作業がちょっと大変・・・。)

床は全室コルクタイル、壁にはオガファーザーとオレフィンクロスを貼らせて頂きます。

リビングの1面だけアクセントとして、濃い目のオレンジを塗る予定ですので、すごく素敵な空間となることと思います。私も今から楽しみです。

またこちらで紹介させていただきますね。

マンションリフォーム 東京

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無垢の床に洗剤のシミが・・・。

この間、以前に工事をさせて頂いたお客様の所に伺った際に、家庭用のお掃除洗剤の染み込んでしまった床のご相談を頂きました。

無垢のフローリングに、自然塗装(オイルフィニッシュ)で仕上げをさせて頂きましたお宅です。

R0016958

自然塗装の仕上げですと、こぼれてしまった洗剤を放置してしまった場合、洗剤が中まで染み込んで、シミになってしまいます。

 

 

私たちの会社の一級建築士の塩谷さんが、フローリングの表面を削り、オイル&ワックスを掛け直して、上の写真の状態まで回復しました。

塩谷さんは、私達の会社の母体である工務店(リフォームのご相談が多くなったので、部門を独立させたのです)の代表で、元々ベテランの大工さんですから、こういった補修はお手のものです!

初めよりは薄くはなりましたが、これ以上シミを目立たなくすることは難しいので、気になるようならば、フローリングを一部張り替える必要があります。

まわりの色が日焼けしてくれば、だんだんに目立たなくなってくる事などをご説明して、しばらく、この状態で様子を見ていただく事にしました。 

こちらのお客様は、「ここまできれいになれば十分です、ありがとうございました!」と仰って頂きましたが、本当におおらかに自然素材と付き合ってくださっているお客様だからこそ、の言葉かもしれません。

これが、ウレタンの塗装であれば、表面にウレタンの塗膜が出来ていますので、よっぽど長期間放置したりすれば別ですが、これほどまでに染み込んでしまう事は無いでしょう。

 

自然塗装には自然塗装の、ウレタン塗装にはウレタン塗装の良いところがあります。

私は、自分がどちらを選ぶかと言われれば、自然塗装のものを選びたいですが、お客様に対しては、どちらをお使いになりたい場合でも、実際に使われる方のご意向を、もちろん優先いたします。

ですので、こちらのお客様に対しても、ご提案時には、自然塗装、ウレタン塗装の良いところ、マイナス面をそれぞれご説明申し上げました。その上で、お客様は、これまでのご経験なども含めてお考えになって、自然塗装を選ばれたわけです。

今回、シミが出来てしまった事に、お客様はとても残念なお気持ちだったと思いますが、それでも私に、「ウレタンのものと、自然塗装のもの、どれくらい違うかと言われたら、50倍くらい違いますよ!」と、お話し下さいました。それぐらい、自然塗装の床は、心地が良いそうです。

実際に住まわれてのご感想です。50倍違うとは・・・!!!!

 

無垢材には、このようなデメリットがあってこその、メリットがあるわけですが、それらをひっくるめて、ご満足頂いてお住まい下さっていることは、本当に嬉しい事です♪

 

自然素材 マンションリフォーム
http://www.eco-mansion.jp/material/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (1)

自然素材を使ってマンションリフォームをしてくれる業者を探す難しさ。

今日はポカポカいいお天気ですね。事務所で仕事をしていると、窓から見える外が爽やかそうで、お出かけでもしたい気分です。

 

さて、今日は、自然素材を使ったリフォームをしてくれる業者を探す難しさ、について、書いてみたいと思います。

_459

弊社で中古マンションリフォームをされたお客様からお聞きした事なのですが、無垢の床とか塗り壁など、自然素材を使ってリフォームをしたい!と思っている場合に、戸建のお家に比べてマンションでは特に、防音規定があったりする事もあるのか?、その他の理由もあるのか?、なかなか受けてくれる業者を探せなかった、というお話をお聞きしたことがあります。

それも、ひとりではなく、何人ものお客様から、そんなお話がありましたので、そういう実態もあるのかなぁと思います。

雑誌や多くのホームページでも、自然素材を使ったリフォームを目にしないことはないくらいですが、じゃあ実際に依頼しようとなると、簡単に探せるものでは無いようです。

私たちの会社では、マンションリフォームでも当たり前に自然素材を使っていて、まして私はリフォームの仕事では今の会社でしか働いたことが無いので、それが普通と思っていました。でも、いちコーディネーターとして、お客様に自然素材を何の障害も無く(?)、むしろ会社全体の実績を伴う技術面や、是非お勧めしたいという気持ちの面での強いバックアップの元、ご提案ができることは、幸せなことなのだと思いました。 

 

そもそも、昔は合板のフロアー等というものは無かったので、無垢の材料が使われていました。それぞれのお家を近所の大工さんが建ててくれていた時代は、それで良かったようですが、企業が住宅を建てるということが当たり前になると、反ったりヒビ割れたりする無垢材はクレームを引き起こすということになり、品質が一定の工業製品が発明され使われるようになってきたそうです。同じことが、自然素材全体に言えます。 

 

実際に、ほとんどの場合、塗り壁は多少ヒビが割れますし、無垢のフローリングは空いてきたりします。だから、前もってそのことも含めてきちんとお客様にご説明する事が必要ですし、もちろん適した施工方法を選択することも必要です。

私は個人的には、自然素材を使った住まいが素晴らしいと思いますし、色々なデメリットを考えても余りあるメリットが得られると思っていて、だからお客様にも是非使って頂きたいと思います。

しかし、どんな場合でも、自然素材が良いかというと、それが暮らし方に合わない方もいらっしゃるでしょうし、同じ自然素材の中でも、何がふさわしいか、好みにあっているかを、一緒に選んでいく必要があります。

 

その場合、それぞれの素材の違いや、もちろん金額も決定の大きな要因になりますから金額の違いや、実際に使ってみられたお客様から教えて頂いた感想等を、比較検討いただけるようにお客様にお伝えし、一緒に選んでいくようにしています。

それは当たり前にしなければならない事ではありますが、実際のお客様の声を聞くと、これからも徹底してしていきたいと、改めて思いました。

 

自然素材 マンションリフォーム
http://www.eco-mansion.jp/material/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マンションのクロスの膨れ

今日は、桜が満開ですcherryblossom門前仲町かいわいも、さくらまつりで大変な賑わいを見せています。

午前中、そんな美しい川沿い桜を眺めながら、社長と一緒に、近くのお客様のところに伺ってきました。

 

約2年前に工事をさせて頂きました、こちらのお客様です。

http://www.eco-mansion.jp/example/200703.html

建築家に設計を依頼され、完成後もご夫婦で手を入れられて、とても素敵にお住まいです。

 

こちらのお宅では、北側に寝室があるのですが、寝室の天井のクロスが膨らんできてしまったとの事で、ご相談を頂きました。リフォーム完成後初めての冬は、何とも無かったのに、2回目の冬になってクロスの膨れが出てきたそうです。

天井の真ん中辺りまで、じわじわ来ていたという膨れは、ここ数日気候が良いので、ヘリのほうまで、何事も無かったかのように戻っていましたが、冬場は結露がすごいというお話をなさっていました。加湿器や、植物をお部屋に置いているという事でもないとのことですので、どうやら、大きな原因は北側の壁の躯体結露にありそうです。

最近のマンションは、24時間換気設備なども整い、結露の心配の無い場合もあるそうですが、ある程度築年数の経過しているマンションでは、大なり小なり、結露の問題は、あることだと思います。

 

私たちでも、以前に結露解消のリフォームをさせて頂いた事があります。築10年ほどのマンションでした。そちらのお宅では、翌年伺った際に、結露が解消されたとのお話をお聞きしましたが、結露の問題は、原因が複数あったり、生活の仕方なども関係してきますので、ひとつの対策で必ず全て解消される、というものでもないのも、難しいところです。

これから、建築士とも相談をして、様子を見ながら、根本からの解決となるような方法を、いくつか試して頂くように、ご提案をさせて頂きたいと思っています。実際には、効果を検証して頂けるのは次の冬という事になります。

 

それから、事例の紹介ページの中でも記載をさせて頂いておりますが、こちらのお宅でも自然素材を使わせていただいています。床には、幅の広いパインフローリングを使用し、施主様自ら、濃い茶色のワトコオイルで仕上げをされました。

完成直後より、2年経った今の方が、よりつやが出ていい感じになっていましたsign03

やはり、寒くない事を強く感じるそうで、お風呂上りなど、無意識のうちに裸足で過ごしていたりすることがあるそうです、うらやましい限りですね。天然の木ですので、多少隙間ができたり、継ぎ目の所に少しの段差ができてしまっている箇所などもありましたが、却って気に入っていらっしゃるとのことでした。

満足頂いて、快適に暮らしていただいている様子で、とても嬉しく拝見しましたshine

 

マンションリフォーム情報満載の、東京マンションリフォームセンターのHPもご覧下さい。

自然素材 マンションリフォーム
http://www.eco-mansion.jp/material/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »