« 無垢のフローリング-塗装品と無塗装品 | トップページ | 道具 »

OBのお客様訪問。

塩谷です!年末に、おととしマンションをリフォームをさせて頂いたお客様の所へ伺ったときの話です。ご家族はお元気かな、お家の様子はどうかな、と、コーディネーターの千葉と一緒に、お邪魔させて頂きました。

R0010774小さなお嬢さんのいらっしゃる、若いご夫婦なのですが、初めてお会いしたときにはまだハイハイをしていたお嬢さんが、元気に走り回り、上手におしゃべりもできるようになっていました。時間が経つのは早いものですね。ニコニコの笑顔でお嬢さんが遊びまわるのが、大変かわいらしく、ホッと心和んだ時間でした。

 

さて、ご挨拶もそこそこに、お家の様子を教えてくださったのですが、木の床は、本当に暖かく、とても満足なさっているとのことです。お嬢さんも、この床で、ころころ寝そべって遊んでいるんだそうです。お住まいになって一年半、上の完成の時の写真と比べると、だいぶ味わいが出てきました。

 

そんなご満足の声と共に、「何か不具合なところはないですか?」とお聞きすると、「そうだ、洗面所のドアがね・・・」と、お話くださいました。

623_803_3こちらの写真、右手に見えるのが洗面室の入口の引戸です。

こちらのお宅のマンションリフォームでは、建具(ドアです)本体は、ご覧のようにシナ合板という材料で新しくお作りしましたが、建具の枠は元のまま、ペンキの塗装をして残させて頂きました。

鉄でできた枠自体が、壁を支える役割を担っていると考えられたためです。枠を新しくするには、壁を下地から作り直さなければならなかったので、工事が大掛かりになる事もあり、枠は残して建具だけ新しくするという方法を取る事になりました。 

そんなわけで、枠は元のままだったのですが、洗面室に入るこちらの引戸、閉めてもスーッと開いてきてしまう、というお話でした。「運が良ければ、ちゃんと閉まるんですけどねぇ。。。」と奥様。

実は、こちらの建具、お引越し後、少し経った頃に、一度調整をさせて頂いたんです。建具屋さんが調整をしてくれ、そのときはきちんと閉まるようになったのですが、それからまたすぐに、開くようになってしまったそうです。

それは、さぞかしご不便なことでいらしたでしょうと、その後、私がちゃんと確認を取らなかったことに、申し訳ない気持ちでした。

早速、年明けに、建具屋さんとお伺いし、調整をしてマグネットを取り付けることで、ちゃんと閉まるようになりました。この間、お電話をして見ましたら、その後お使いになって、大丈夫とのことでしたので、安心しました。

 

 

お住まいになってからも、こんな風に、「伺ってもよろしいですか?」とお聞きすれば、「どうぞどうぞ、お待ちしています!」と仰ってくださるお客様が居る事は、本当にありがたいことです。そしてまた、嬉しく、何よりのやる気の源になりますね。

 

Mansion
中古マンションリフォーム

|

« 無垢のフローリング-塗装品と無塗装品 | トップページ | 道具 »

お客様との嬉しいエピソード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/58785/27449321

この記事へのトラックバック一覧です: OBのお客様訪問。:

« 無垢のフローリング-塗装品と無塗装品 | トップページ | 道具 »