« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

ホーローキッチンの使い心地

Dsc00677 こちらは、浴室のリフォームをさせて頂いているOBのお客様のマンションのキッチンです。

工事をしてくれているのは、水道屋さんです。頑張って配管して下さっていますが(笑)、お話ししたいのはこちらのキッチンのことです。

こちらのキッチンは、16年前の入居時のリフォームで取付をなさったものだそうです。以前にもその良さをブログで書きましたが、タカラスタンダードのホーローキッチンです。

(その時の記事はコチラです→

http://recoreform.cocolog-nifty.com/apartment_reform/2008/04/post_9f64_3.html

ご覧の通り、とてもきれいなキッチンですので、今回のリフォーム箇所ではなかったのですが、配管だけ新しくさせて頂いたんです。(写真で、天板の上に色々と置いてあるのは、シンク下の工事をする為に入っていた物を出しているからで、普段はとてもすっきりと片付けていらっしゃいます。)

その配管の工事について、キッチンの前に立ってお話をしている時、ご主人がまじまじとキッチンを見つめ、「改めて見ると、そうだよなー、16年も使ったとは思えないよなぁ。」とひと言。

奥様が、とてもきれい好きでいらっしゃるというのももちろんあると思いますが、本当にピカピカなんです。これはやはり、お手入れのし易く、耐久性の高いホーローだから、というのも、大きく影響していると思いました。実際に、奥様も、お掃除がとても簡単なのよ、と仰っていました。

 

やっぱりホーローキッチンは、ぜひともお勧めしていきたいエレメントである、と再認識した出来事でした。

 

マンションリフォーム 事例

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嬉しいお言葉。

明日から着工となりますマンションリフォームの、ご近隣挨拶に行ってまいりました。

ひと通りご挨拶を済ませた後、お施主様の奥様がお茶をいれて下さいましたので、頂きながら少しお打ち合わせをさせて頂きました。

 

こちらのお客様は、先日もブログでご紹介しました、古代ヒノキの浴槽をお使いのお客様で、弊社のOB様でいらっしゃいます。

今日のお話の中で、「コーディネーターさんが居てくれると、より安心してリフォームをお任せできます。」と仰って頂きました。

この言葉は、私にとって、とても嬉しいものでした。

 

私は、大工さんのように現場で実際の作業ができるわけではないし、建築士のように図面がひけるわけでもありません。

お客様がご希望に沿ったリフォームを安心してお任せ頂けるように、お客様と職人さんを、つなぐ、ことが仕事です。このお仕事はとてもやりがいがありますし、楽しくもあるので、大好きで、頑張っているのですが、それをお客様に、認めて頂けたのかなぁ、と思い、じーんとしてしまいました。

とは言っても、私はまだこの仕事に関わってまだ2年ほどです。奥の深い仕事ですから、もちろん分からない事がたくさんあります。私が安心してお客様とお話をし、お打ち合わせができるのも、経験豊富で頼りになる現場責任者の塩谷さん&社長の理枝さん、会社のみんなと、何でも親切に教えてくれる職人さんたちが居るからです。そして、お客様から教えていただく事が、それはそれは多いです。

このような万全のバックアップ体制の元で、最近ではお客様とのお打ち合わせに、一人で立ち合わせてもらえる機会も増えてきました。

エコリフォームの強みである、工務店時代から受け継がれているしっかりした技術力と、お客様のお話を丁寧にお聞きして、一緒につくりあげていくサポート面とを、最大限活かして、これからも、喜んでいただける住まいを作って行きたいと思いました。

 

さて、こちらの工事は明日からスタートです。ご期待に沿えるものとなるよう、全力で取り組みたいと思います。

また、工事の様子をブログでご紹介させて頂きますね。

 

マンションリフォーム 東京

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »