« なぜ中古マンションを? | トップページ | マンションの洗面台をオーダーする »

塗り壁のコーナー部分

本日は、OBのお客様の所へ、塗り壁の工事のご契約に伺ってきました。工事を担当させて頂く、左官職人さんの親方も一緒です。

『自然素材でアレルゲンを低減』の事例のお客様です。

http://example.eco-inc.co.jp/2007/12/post_60.php

 

今回は、室内の湿気の対策として、スイス漆喰「カルクウォール」を施工させていただくのですが、壁の出っ張った角の部分(出隅、とよびます)には、木材を一本、入れさせていただく事にしました。

Photo_2  

写真は、マンションの写真ではないのですが、やはり塗り壁(珪藻土)の角の部分に、木材を補強のために入れさせていただいた事例です。(矢印の部分です)

 

塗り壁、珪藻土は特にですが、人の出入りの多い場所などは特に、ぶつかって崩れやすくなります。角が擦れないように、このような補強をすることで、崩れるのを防いでくれます。お子様のいらっしゃる家庭にも、オススメです。 

角が崩れてしまった場合でも、ある程度の塗り壁の補修は、お客様がご自分でも出来ますし、見た目のお好みももちろんありますが、場合によっては、こんな風になさるのもいいと思います。

 

本日うかがったOB様の工事は、9月上旬の予定です。

リビング・ダイニングの壁・天井と、寝室の壁・天井、お子様のお部屋の壁・天井を漆喰にさせて頂きます。お子様のお部屋の壁は、少し色をつけて、薄いピンク色の漆喰にする予定です。楽しみです♪♪ 

また、工事の様子などブログでお知らせしたいと思います。

 

自然素材 リフォーム

 

|

« なぜ中古マンションを? | トップページ | マンションの洗面台をオーダーする »

オススメのもの」カテゴリの記事

自然素材の仕上げ(床・壁・天井など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/58785/23137890

この記事へのトラックバック一覧です: 塗り壁のコーナー部分:

« なぜ中古マンションを? | トップページ | マンションの洗面台をオーダーする »