« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

マンションの洗面台をオーダーする

マンションの、既存の洗面化粧台を撤去して、造作(オーダー)で洗面台を作らせていただいたケースです。工事の流れをご紹介します。

元々は、このような洗面台がありました。

011こちらを撤去して、施主様のお好みに合った洗面台を作ることに致しました。

 

 

 

 

 

 

Dsc08626 既存の洗面台を撤去した様子です。

左の赤いキャップが付いているのがお湯の管、真ん中の長く伸びているのが水の管、右のグレーの太めの管が排水の管です。

洗面台によって、この管の位置は異なります。こちらでは、床から立ち上がっていますが、突き当たりの壁から管が出ている場合もあります。

洗面所の床を壊して、この配管を新しい洗面台に合わせてやりかえる事も出来ますが、こちらのケースでは、既存の配管をそのまま使用することになりました。

 

Dsc08696このように、新しい湯水、排水の管がセットされました。

洗面台の下部には、棚を作りつける予定があったので、できるだけスペースを有効活用できるように、水道屋さんがギリギリのところで排水の管をまわしてくれました。

 

 

 

 

       

059棚板を一枚設置したところです。

この写真は、隣の浴室の中から、ひいて撮っています。あまり遠くから見ると、排水の管が見えてしまいますが、毎日の生活ではそれほど目立つことはありません。

 

 

 

  

058棚板は、なるべくスペースを取れるように、こんな風に大工さんが綺麗に管の部分を欠いて作ってくれました。

施主様は、こちらにカゴを置いて、お使いになるそうです。

 

 

 

このようにして、思い通りの洗面台の施工が行われました。

リフォームの場合、全てを更から作っていくわけではないので、現況に合わせていかなければならない部分も出てきますが、なるべく希望に近いもの、デザイン的に良いもの、使いやすいものを、と、私たちはもちろんそうですが、関わる職人さんたちも、同じ思いで作って下さいます。

 

耐震 リフォーム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塗り壁のコーナー部分

本日は、OBのお客様の所へ、塗り壁の工事のご契約に伺ってきました。工事を担当させて頂く、左官職人さんの親方も一緒です。

『自然素材でアレルゲンを低減』の事例のお客様です。

http://example.eco-inc.co.jp/2007/12/post_60.php

 

今回は、室内の湿気の対策として、スイス漆喰「カルクウォール」を施工させていただくのですが、壁の出っ張った角の部分(出隅、とよびます)には、木材を一本、入れさせていただく事にしました。

Photo_2  

写真は、マンションの写真ではないのですが、やはり塗り壁(珪藻土)の角の部分に、木材を補強のために入れさせていただいた事例です。(矢印の部分です)

 

塗り壁、珪藻土は特にですが、人の出入りの多い場所などは特に、ぶつかって崩れやすくなります。角が擦れないように、このような補強をすることで、崩れるのを防いでくれます。お子様のいらっしゃる家庭にも、オススメです。 

角が崩れてしまった場合でも、ある程度の塗り壁の補修は、お客様がご自分でも出来ますし、見た目のお好みももちろんありますが、場合によっては、こんな風になさるのもいいと思います。

 

本日うかがったOB様の工事は、9月上旬の予定です。

リビング・ダイニングの壁・天井と、寝室の壁・天井、お子様のお部屋の壁・天井を漆喰にさせて頂きます。お子様のお部屋の壁は、少し色をつけて、薄いピンク色の漆喰にする予定です。楽しみです♪♪ 

また、工事の様子などブログでお知らせしたいと思います。

 

自然素材 リフォーム

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぜ中古マンションを?

「なぜ中古のマンションになさったんですか?」と、あるお客様にお聞きした事があります。リフォームで使う建材を探しに、ショップへ向かう車の中でした。

「・・・・探し始めの最初の頃は新築のマンションも見ていたんですよ」、とお客様は仰いました。

でも、新築のマンションでは、ご自分の欲しい空間が叶わなかったそうです。

 

私も、この仕事を始める前は、「マンション=新築」という頭しかありませんでした。「中古のマンション?なんだか古くて暗い感じ・・・。新築より安いのかなー?」くらいに思っていました。。。

 

でも、実際に携わって、幾度もマンションリフォームの工事~完成に立ち合わせて頂くうちに、考え方が変わってきました。今では、私もマンションを買うなら、断然中古でリフォームって思っています。

何が違うのか?

一番大きな違いは、自分の好みのように作れるかどうかです。

 

決められた中から選ぶのとは違って、キッチンや浴室も含め、床や壁の材料、色に至るまで、ひとつひとつ吟味しながら、好きに選んでいけるのが(もちろん、技術的なこと、予算のことなどで制約はありますが)、中古のマンションをリフォームして、住まいを手に入れる方の特権ではないでしょうか。

 

それから、無垢材や漆喰の壁などの自然素材を使う、というのも、リフォームでなくては叶わないことです。

これらの素材は、住み心地を格段によくしてくれます。自然のものですので、反ったり空いたり、メンテナンスをしないと汚れが付きやすかったりしますけれど、そういう点を大目に見ていただけるなら、とっても住み心地のいいマンションになる事、間違いなしです。

マンションですが、一歩室内に入れば、注文住宅の木の家、のようです。

 

中古+リフォームだったら、新築を買うより安くあがるの?

と疑問を持たれる方もいらっしゃると思います。

リフォームのやり方にもよると思いますが、ご自分のこだわりをある程度追求するとすると、それなりに予算はかかるというのが、実際だと思います。

 

高いか安いか、とはまた違うのですが、お金の話つながりで、新築マンションを購入される場合には全額をローンにできますが、中古マンションの場合には、マンション自体の購入に関してはローンを組んでも、その後のリフォームまで組める事は少ないようです。

一時的に必要となる金額という面では、リフォームの方が大きいと言えるかもしれません。

リフォーム 東京

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花火の見えるキッチン!!

昨晩は、神宮の花火大会でしたね。

私たちエコリフォームのメンバー(理枝さん、千葉さん、私)は、一昨年、工事をさせて頂いたお客様のお家に、花火を見ながらのホームパーティーにお招きいただき、楽しいひと時を過ごさせて頂きました♪

少し高台にあるご自分で所有されているビルの6階がお住まいで、神宮の花火が特等席で見えるんです。

神宮の花火は、初めて見る機会に恵まれましたが、とっても綺麗なんですね~!!花火って、どんな花火でも綺麗と感じますが、いや~、今回の花火は格別でした!!

小ぶりの花火がたくさんあがり、色合いも、黄色(金色じゃなくて黄色なんです)や、ミントグリーン、エメラルドグリーン、カーマインレッドのような色など、初めて見るものがいくつもありました。全体的に、繊細で、洗練された雰囲気でした。

もう、千葉さんと私は、キャーキャーひゃーひゃー大変でした(笑)。しかも、間隔を空けずにあがり、毎回違う様子なので、本当に目が離せないんですっ。

 

リビングダイニングで、お食事を頂きながら楽しませていただいたのですが、一昨年のリフォーム工事の際に、新しく対面式にさせて頂いたキッチンに立つと、これまた、花火が真正面に上がるのです。『花火の見えるキッチン』、なんてなかなかありませんよね。「1年にたったひと晩だけよ~」と、奥様は仰っていましたが、なんて素敵なことなんでしょう!! 

ご用意いただいたお料理も、素敵なものでした。奥様はお料理がお上手で、でも、お上手なだけではなくて、あたたかく、楽しいおもてなしが、本当に嬉しかったです。

 

私たちの会社にリフォームを依頼いただけるお客様は、自分らしい住まいにしたい、というご希望をお持ちの方が多いように思います。

こちらのお客様もまさに、ご自分らしい住まいをお望みで、本当に楽しんで素材を探され、たくさんのショールームへお出かけになっていらっしゃいました。(とにかく、フットワークが軽いんです、こちらのお客様。) 

そうやってお探しいただいた素材を、奥様と私たちでご一緒に検討しながら作り上げたお住まいは、本当に素敵に出来上がりました。手前味噌ですが、女性のリフォーム会社だからこそ、だと思っています。お邪魔するたびに私たちも感無量です♪

奥様にお会いするといつも、元気を頂けて嬉しいなぁと思っていた、工事期間を思い出します。

リフォーム工事の際にはたくさんのご協力を頂き、入社して間もなかった私などは、とても勉強させていただき、楽しませていただいたリフォームでした。

そんなお客様にもお久しぶりでお会いできて、ご一緒させていただいた奥様のお友達方も、とてもお話が楽しく、チャーミングな方々で、美味しいお食事に、きれいな花火、そして笑いの絶えない夏の夜となりました。

あ~楽しかったです!! お招きいただいてありがとうございました♪

リフォーム 東京

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カレーやさんのキッチン

先日、用事があって御茶ノ水へ出かけた際に、コーディネーターの千葉さんと一緒に、お昼にカレーやさんに入りました。

駅前にある、ゴーゴーカレーというお店、そう、あのゴリラのマークの、黄色いカレーやさんです。

お店はとても繁盛していて、店員さんたちも忙しそうに働いています。私たちは並んでカウンター席に通されました。

仕事柄(?)、勉強のためにも、お店に入ったとき、店内の様子はじろじろ見るのがくせになっているのですが(笑)、こちらの店舗ではキッチンにとても感心しました!!

揚げ物とカレーをメニューとしているお店にも関わらず、ステンレス製の業務用キッチンや、コンロまわりのステンレスの仕上げ、その他キッチン全体が、ピッカピカだったのです。

ステンレスって、お使いの方はよくご存知かと思いますが、油が飛ぶ場所は特に、ピカピカにしておくのがとても難しいですよね。少しお掃除をサボると、すぐにくもった感じになってしまいます。

きっと、毎日営業が終わった後に、丁寧にお掃除をなさっているに違いありません。

こんなお店はもちろん、スタッフの方の対応もvery goodで、ボリューム満点のカレーも美味しい!!  とっても気持ちよく、食事が出来ました。千葉さんと、満腹のおなかを抱えながら、お店を後にしました。。。夏バテはどこへやら。。。

マンションリフォームの際に(マンションに限った事でもないのですが)、オススメしたいキッチンは、断然、ステンレス製かホーロー製のものです。どちらも耐久性に優れていて、身体に害のある物質を発散しない素材で、こちらのカレーやさんのように、業務用としてハードに使われていても、(愛情をもって丁寧にメンテナンスして頂ければ)、ずーっとピカピカで活躍してくれます。

_545

 

 

 

 

 

 

 

 

中住宅 リフォーム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »