« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

ウォールナットの床

昨日、お電話でお問合せを頂いたお客様と、たくさんお話をさせて頂きました。

中古で購入される予定のマンションに、無垢の床材をはりたいそうです。

いいですねぇ~spa 今、色々と調べていらっしゃるご様子でした。

 

床に使う木の種類は、ウォールナットがいいかな、と思っていらっしゃるそうです。マンションの雰囲気に合わせて、少し味わいのあるものをお望みだそうです。

  

ウォールナットはかっこいいですよね♪家具なんかでも、ウォールナットのものは重みがあって素敵です。年月を重ねるうちに、どんどん良くなっていくんでしょうねgood

無垢材の中では安価なパイン材などと比較すると、ウォールナットはかなり希少価値が高く高級です、とご説明させて頂いて、大体の価格の差を教えてくださいとお客様が仰ったのですが、すぐにお答えが出来なかったので、(申し訳ないです。。。)、こちらに書かせていただこうと思います。

1㎡あたりの材料のお値段で比較すると、

パイン材は、¥3,500くらい~

ウォールナットは、¥10,000くらい~という感じです。

(もちろん、材料によって異なりますが。)

大体3倍くらい~違うような感覚でしょうか。もちろん、ウォールナットもピンきりです。

お客様からの質問というのは、新米の私にとってはとても勉強になります。

ありがとうございますsign03

そして、お話させていただいた事が、お客様の快適な住まい作りに、少しでもお役にたてたなら、本当に嬉しいです。

リフォーム 事例

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペットのネコちゃんと暮らすマンションリフォーム・・・その後

昨年、マンションのリフォームをさせて頂いた、あるお客様の、その後のお話です。

2匹の猫ちゃんと暮らしていらっしゃって、猫ちゃんたちが、壁のクロスで一所懸命、爪とぎをするので (その姿は、とても可愛らしいんですけれど)、 その対策も、こちらのお客様のリフォームのご要望のひとつでした。

 

R0011122 こちらの写真は、リフォーム前の様子です。今回のリフォームで床を無垢のナラ材にはりかえをして、壁は、ネコちゃんの爪に耐えられるように、リリカラ社のペット住まいる壁紙を選びました。

こちらの住居は、お客様が中古で購入されてお住まいなのですが、以前のオーナー様が、多分、建築家さんのデザインなんじゃないかなぁ、と思うのですが、素材にこだわって、とても素敵なリフォームをされていました。

上の写真の、壁が紺色になっている部分は、藍染のクロス(ビニールのクロスでも、紙のクロスでもなく、本当の布のクロスです!)が貼られていました。いい雰囲気でしたので、こちらはそのまま残させていただく事に致しました。

R0011445_2 さて、リフォームをさせて頂いて、左の写真のように出来上がったんです。

なんとも、居心地の良いお部屋になりました。

昼間も良いですが、特に夜がいいと私は思います。白熱電球に照らされて、お部屋全体があたたかく落ち着く雰囲気です。

   

さて、ここからが、今日の書きたかったお話なのですが、

こちらのお客様と、半年ぶりくらいのお久しぶりにご連絡を取らせていただいたところ、ネコちゃん達のその後のお話を聞く事が出来ました!! 

なんと、ネコちゃんたちは・・・いつも爪をといでいたクロスが、ペット住まいるクロスになったので、爪が引っかからなくてつまらない(?)らしく、新しい爪とぎの場所を探したようなんです。そして、この、藍染のクロスが、次なる爪とぎ場所に選ばれてしまったようです・・・・。

上質な素材ですからね、多分、爪がよく引っかかるのでしょうねー。

思う存分、爪をといでもらったら、また少し手を加えられていくのでしょうね。

そんなお客様、ナラの無垢フローリングも快適にお使い頂いているご様子です。直接床の上に寝そべって、ゴロゴロされるのが、気持ちいいそうです。

今度は是非、見せていただきに伺いたいなぁと思いますshine

 

自然素材 リフォーム

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電気温水器とエコキュートの違い

今日は、マンションの設備に関する少しマニアックな内容です・・・今まで私が疑問に思っていたことが明らかになったので、書いてみたいと思います。

築年数のあるオール電化マンションには、お湯を沸かす機器として「電気温水器」が設置されていることが多いのですが、それを「エコキュート」にかえることは出来ないのかなー、と常々思っていたのです・・・。

昨日、空調機器メーカーダイキンの営業さんが、事務所にお越しくださり、「エコキュート」についての勉強会を開いてくださいましたので、質問してみました。

  

私たちがリフォームをさせて頂くことの多い、築年数20年くらいのマンションの中には、オール電化マンションもあります。

オール電化といっても、現在のオール電化マンションのように、エコキュートやIHクッキングヒーターが設置されているのではなくて、当時のオール電化マンションは、お湯を沸かすのは電気温水器、加熱調理機器はラジエントヒーターというケースが多いです。

 

「電気温水器」と、「エコキュート」の違いですが、

まず、「電気温水器」は、下の写真のようなものです。こちらにお湯を貯めておいて、

Dsc05346_2浴室やキッチンの給湯で使います。

この大きな金属の筒の中には、ヒーターが入っていて、そのヒーターでお湯を温めます。

こちらのお宅の場合には、お風呂のすぐ近くに設置されています。

 

 

 

 

「エコキュート」は、下のようなものです。

162 大きいほうがタンクユニット(お湯を貯めておきます)、小さいほうがヒートポンプユニット(お湯を温めます)。

ヒートポンプユニットは、エアコンの室外機に似ています。エアコンはフロンガスを圧縮したり膨張させたりして、温かい空気や冷たい空気を作りますが、エコキュートはフロンガスではなく二酸化炭素を圧縮させる事で、約90℃もの熱々のお湯を作ります。なので、「空気の熱でお湯を温める」と言われます。

二酸化炭素の排出量が少ないのも特長です。

こちらのお宅では、タンクユニットとヒートポンプユニットを隣に設置していますが、これは離して設置しても構いません。(この2つは、1本もしくは2本のチューブでつながっています)

  

「電気温水器」も、「エコキュート」も、電気を使いますが、ヒーターで水を温めてお湯をつくるよりも、電気の力で圧縮させて温度が高くなった二酸化炭素を使ってお湯を作るほうが、エネルギー効率がよく、電気代が安くて済みます。 

 

だから、マンションリフォームの際に電気温水器をエコキュートに交換できないのかなぁ、と思ったのです。現在多くを占めている、ガス給湯器を使用するお家の場合でも、エコキュートに交換されたいというお話がもしかしたら出てくるのではないかなぁ、とも思いました。

 

そこで質問をしてみたのですが、結果的には難しい場合が多いそうです。 

 

理由としては、電気温水器は上写真のようにタンクだけなのですが、エコキュートはタンクユニットとヒートポンプユニットがあり、それらはお湯が行き来するホースでつながっています。タンクユニットはかなり大きさがありますし、置き場所、配管がかなり難しいですよね・・・。コンクリートの壁に穴を空けてよいか?という問題も出てきますし、分譲のマンションでは躯体のコンクリートは加工してはいけません、という場合がほとんどです。

(最近では、マンション用にタンクユニットとヒートポンプユニットが一体になったタイプも出ています。)

 

また、エコキュートは、専用の電気回路が必要になりますが、マンションではマンション全体で電気の量が決まっていたりするので、特にガス給湯器→エコキュートに変更を、といった場合には、ひとつのお家だけに多くの電気を供給することは出来ない場合が多いそうです。

 

なんだかとても、自分本位な内容になってしまいました・・・・。設備は奥が深いですね。 

 

でもダイキンの営業さん、とっても良く説明してくださいましたよ!!

最後になりましたが、ダイキンのエコキュートの良いところ3つ。

1.タンクユニットのサイズ

 通常、奥行き700mmの商品と、500mmの商品が、ラインナップとしてあるそうですが、ダイキンではその中間600mmの商品があります!! しかも、お値段は小さいほうが高くなりますが、600mmは、700mmと同等のお値段だそうです。 

サイズの問題は、結構あなどれないですからね・・・

2.メンテナンス体制が大変優れている

 24時間、365日、サービスセンターへ電話がつながります。これ、安心ですよね。

エアコンなど、ほかのダイキン製品ももちろん対象です。

3.平成19年度 省エネ大賞受賞☆

 

検討の際の、参考になさって下さいね。

 

 

自然素材 リフォーム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

造作家具工事 扉のご紹介

先日完成した、マンションに造作家具を作らせていただいた工事ですが、扉もちょっとかわいいですので、ご紹介します。

Dsc09072

棚の一部は、こんな風に手前に開くようになっています。

この形の扉は6枚。

素朴でかわいいんです。

 

Dsc09074 お隣は引き出しです。

引き出しも、レールをあえて入れずに、箱がポコンと入るようになっています。

 

その隣は、下の写真のように、全体よりも少し奥行きを広くしました。

Dsc09048 写真向かって左の柱型が、向かって右の柱型よりも奥行きが深かったので、このように計画しました。

一番左側は、書斎スペースにあたります。パソコンデスクを横に棚の中に、パソコンのハードが納まるように計画しました。

Dsc09059

   

ハードからつながったコードを逃がせるように、棚の本体を少し欠いています。(扉を閉めれば隠れるようになっています)

 

 

 

 

 

こちらの家具は、オーダーメイドですので、もちろんつまみもお好みに合うものを選んでいただいています。

黒っぽいつまみがイメージとの事でしたので、数種類のつまみや取っ手を検討した結果、決定したのが下の、IKEA『SIGNERA/シグネーラ ノブ』です。

SIGNERA ノブ 

こちらのお宅のキッチンは、IKEAのものを設置なさっていますので、その取っ手と同じシリーズのものでまとめました。

鋳物のつまみですので、見た目も重みがあっていい雰囲気ですし、程よい大きさとくびれで、使いやすかったです。

 

これで、たくさんお持ちの本も、すっきり納まりますね。

ちなみに、家具の上の壁の部分ですが、こちらはお客様がご自分で漆喰を塗られます。

完成したら見せて頂けるそうですので、楽しみです♪

 

改築 リフォーム

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »