« マンションにホーローキッチン。 | トップページ | 電気温水器の置き場 »

有害化学物質を遮断する。

新築で購入され、2年経つというマンションにお住まいのお客様から、室内にいると頭痛がする(奥様)、咳がひどくなる(2歳になるお嬢さん)、というご相談を頂いた際に、使用させていただいた特別な塗料についてご紹介します。

こちらのお客様の症状は、シックハウス、と呼んでもいいのかもしれません。実際には、シックハウスは、その原因物質を特定する事が、私たちにはとても困難であり、考えられる要因をひとつひとつ取り除いていく事が、対処としてできることです。

 

こちらのお客様のリフォーム内容は、和室の床を無垢のフローリングにはりかえ、1面の壁にエコカラットを施工させていただきました。

リフォーム内容についての詳しい記事はこちらです→自然素材でアレルギーを軽減

こちらの工事での防音方法はこちら→畳が薄い場合の防音対策

こちらで使用した、防音のフローリングは新品ですので、化学物質を発散する可能性があります。もちろん、フローリングは☆☆☆☆のものを使用しておりますが、基準をクリアした製品を使用しても、心身に不具合が現れてしまう場合もあるのです。(実際に、建築基準法にシックハウス対策の項目が追加され、使用する材料に制限が設けられた平成15年以降に、建てられたマンションにお住まいの方から、このようにお問い合わせを頂いています。)

 

そこで、対策のひとつとして、ドイツ リボス社の「バスコ シェラックワニス」という塗料を、下地として使用した防音フローリングに塗装させていただきました。

「バスコ シェラックワニス」は、ラックカイガラという虫の体液から作られる天然樹脂を、食用のアルコールに溶解して塗料化したもので、こちらをホルムアルデヒド・有害化学物質を発散する材料に塗ると、表面に塗膜をつくり有害化学物質を封じ込め、発散を抑制します。(残念ながら、全ての有害化学物質を遮断するわけではありません)

薄いはちみつのような色がつき、美しい光沢が出るので、バイオリンなどの楽器の仕上げにも使用されているそうです。下の写真が、防音のフローリングに、シェラックワニスを塗ったところです。

シックハウスの症状を改善するために、大規模なリフォームをするのも、もちろん効果はありますが大きなお金を投資して頂くにも関わらず、その効果が手探りの面もあるというのも正直なところです。

ですので、例えば新しい家具の側に行くと具合が悪くなるような気がする、とか、キッチンの前に立つと頭が痛くなる、とか、そんな思い当たる点があれば、原因と思われるところにこちらを塗装することもお勧めです。私たちでリフォーム工事の際に併せてさせて頂くこともありますし、ご購入頂いてご自分で塗り、様子を見て頂くこともできます。

この対策を施したから、絶対に良くなる、とは申し上げられないのが心苦しいところですが、それでもできる限り原因と考えられる物質を取り除き、少しでも住む方の体調が改善されますように、ご協力をさせて頂きたいと考えます。

そしてこの塗料は、ご自分でもできる対策ですし、大掛かりなリフォームほど費用も掛かりませんので、そういった症状をお持ちの方には、お伝えするようにしています。

 

私たちのリフォームの事例もご覧下さい!

リフォーム 事例
02

|

« マンションにホーローキッチン。 | トップページ | 電気温水器の置き場 »

オススメのもの」カテゴリの記事

自然素材の仕上げ(床・壁・天井など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/58785/12163920

この記事へのトラックバック一覧です: 有害化学物質を遮断する。:

» 知らなかったでは、済まされない [ちっちゃな工務店クラブ]
事前の準備があれば避けられる! 昨年の6月に改正されました「建築基準法」によって... [続きを読む]

受信: 2008年4月13日 (日) 15時43分

» エコ住宅とシックハウス症候群 [エコ住宅でエコライフ!]
最近、エコ住宅でも、シックハウス症候群が大きな問題になっています。シックハウス症候群というのは、住宅の新築時や、改築したすぐ後に入居した人に起こる症状で、頭痛、吐き気、湿疹、倦怠感、めまい、呼吸器疾患など・・・... [続きを読む]

受信: 2008年4月23日 (水) 22時44分

« マンションにホーローキッチン。 | トップページ | 電気温水器の置き場 »