« 明るすぎない暮らし | トップページ | リフォーム後のイメージ »

マンションの照明~ライティングレール~

こちらのマンション、カウンターの上のところの天井に少し見えている細長い棒状のものがライティングレールです。最近では、このようなレールを希望されるお客様も少なくありません。

 

ライティングレールは、2mとか3mとかのレールの端から端まで、どこでも好きなところに照明器具を移動できて便利ですし、数も自由に増やすことができるので、明るさの調節も可能です。ダイニングテーブルの上や、こちらの写真のようなカウンターの上に、小さめのペンダントをいくつか下げるのも、アクセントになってかわいいですよね!!

 

また、マンションにおいてよくある、コンクリートの躯体に塗装をしたりしてそのまま天井になっている場合(この場合、長い棒などで突くと、中身の詰まったソリッドな感じの音がしますので分かります)、間取りにあわせて照明器具を取り付ける器具(ローゼット、と呼ばれます。下の写真のようなものです)

Photo_2の場所の移動が難しいです。マンションを造っている段階で、天井のコンクリートに電気の配線も埋め込んでしまってあります。ですので、今器具が付いている場所以外のところに照明器具を付けたいとなると、その場所から電気のコードを露出した状態で引っ張ってきて、新しく設置する場所へローゼットを取り付けることになります。

こんな場合に、ライティングレールですと、ある程度位置の逃げがききますので、便利です。 

 

注意したいのは、スイッチです。ライティングレールのスイッチは、レール1本で1箇所となりますので、同じレールに付いた照明器具の中で、これとこれを点けて、こちらは消して、というのができないのです。全部点くか、全部消すか、になってしまいます。

場所によって点けたり消したりしたい場合には、写真のような器具自体にスイッチの付いたものがおすすめです。こちらでしたら、レールのスイッチをONにした状態で、器具のスイッチをOFFにすることが可能です。

Photo_2

照明計画は、お部屋の雰囲気を決めるに当たって、本当に大切な要素を持っています。しかも、お金を掛けたから良くなる、というものでも無いのも、照明のおもしろいところです。アイディア次第で、もっとくつろげるお部屋になりますよ!!

 

そのほかの、私たちのリフォームの事例もご覧下さい!

リフォーム 事例
02

|

« 明るすぎない暮らし | トップページ | リフォーム後のイメージ »

こんな素敵なリフォーム如何ですか?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/58785/12144579

この記事へのトラックバック一覧です: マンションの照明~ライティングレール~:

« 明るすぎない暮らし | トップページ | リフォーム後のイメージ »