« 造作家具のお打合せ | トップページ | アイアンのタオルハンガー »

マンションのユニットバス

浴室/リフォーム 事例 東京マンションでは、1216サイズ(0.75坪)のユニットバスが多いように思います。1216とは、ユニットの中の寸法が、1200mm×1600mmということです。

こちらのユニットバスは、TOTOのマンションリモデルタイプです。シンプルで価格も抑えられて、見た目がかっこよかったので、気に入っていた(私が)商品で、何度も使わせていただいていたのに、昨年廃盤になってしまいました。残念!!

ユニットバスも、本当にピンきりで、壁のパネルや床のタイル、浴槽の形などが、たくさんの種類の中から選べたり、暖房乾燥機など機能を付ければどんどん価格は上がっていきます(当たり前ですが)。ですが、決めている予算のないお客様、いくらかかっても良いのよ!!というお客様は、まずいらっしゃいません。予算にできるだけ近い価格でリフォームをさせて頂くための、価格のすり合わせの際に、私たちとしてはやはり、後から簡単に取り替えられないところに、予算を費やされることをお勧めします。(床とか、間取りとかですね)

結果として、浴室などの設備はシンプルなものとなる場合も多いのですが、シンプルでも、必要十分の設備がついていて、あまり凹凸がなくてお掃除のしやすいお風呂であれば、いいんじゃないかなぁ、と私は個人的には思っています。

あ、でも、浴室暖房乾燥機は付けるといいと思います。冬、お風呂に入る前に付けておくと暖かいですしね! (ちなみにタカラスタンダード社のシステムバスは、設備のオプションが格安でお勧めです。100Vの浴室暖房乾燥機が、なんと+4万円で付けられます)

 

01_2  エコ リフォームのオフィシャルサイト

|

« 造作家具のお打合せ | トップページ | アイアンのタオルハンガー »

設備(キッチン、浴室、洗面台、トイレ等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/58785/11229760

この記事へのトラックバック一覧です: マンションのユニットバス:

« 造作家具のお打合せ | トップページ | アイアンのタオルハンガー »