« クローゼットの奥行き。 | トップページ | 収納の扉だけ交換! »

アウトレットの防音フロアを使う。

R0012164_3 マンションの多くでは、下の階の方への配慮として、管理規約で防音規定が定められている事は、前に記事でも書かせていただきました。

そのときの記事はこちらです↓

防音規約の対策(L-45)

防音規約の対策(L-40)①

防音規約の対策(L-40)②

以前の記事では、無垢のフローリングを使いたい場合の防音規約対策について書いたのですが、私たちがマンションをリフォームさせて頂くに当たって、もちろん、一般に使われているメーカー製品のフローリングを使わせて頂く場合もあります。

ナショナルや大建工業などで、フローリングの下に遮音材がくっついた製品が出ています。L-40、L-45と基準ごとになっています。遮音材は柔らかいので、施工後も歩く時少しふわふわ感があるのが特徴です。

 

さて、そんな防音規定を満たしたフローリング、当たり前ですが通常のフローリングよりは、お値段がはります。

そんな時よくお勧めするのが、アウトレット品です。上の施工写真も、アウトレットの防音フロア(L-45)を使わせていただきました。こちらは、私たちがしばしばアウトレット品を購入している、建材市場入間店で購入しました。 

通常、防音フローリングのメーカーの上代(材料の値段)は、1㎡当たり¥13,000~18,000程度ですが、こちらで、1㎡当たり¥3,000で購入できました。色をあまり選べないのと、サンプルを取り寄せてみる事ができないこと(実際にお店へ行けば見られます)、そのときによって在庫が変動すること、そんな点をクリアできるならば、とってもお得なアウトレット品です♪

 

私たちのリフォームの事例もご覧下さい!

リフォーム 事例
02

|

« クローゼットの奥行き。 | トップページ | 収納の扉だけ交換! »

マンションリフォーム特有のこと(管理規約・防音・構造のこと等々)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/58785/11977198

この記事へのトラックバック一覧です: アウトレットの防音フロアを使う。:

« クローゼットの奥行き。 | トップページ | 収納の扉だけ交換! »