« 収納の扉だけ交換! | トップページ | 明るすぎない暮らし »

畳が薄い場合の、防音対策。

マンションの和室を、無垢のフローリング張りにリフォームさせていただいた例です。

最近多いそうですが、もともとの和室には、厚みの薄い畳が敷いてありました。その下はコンクリートの躯体。そして、フローリング張りのリビングのお隣にある和室でしたので、できればあまり段差を付けたくありません。

厚みの寸法は28mm。もちろん防音基準もクリアしなければなりません。(こちらのマンションはL-45と決まっていました。)

 

そこで、とらせていただいたのが、前の記事に書いたようなアウトレットの防音フローリングを捨て張りして、その上からパイン材の無垢フローリングを張るという方法です!! 防音のフローリングは少しお値段がはるので、捨て張り(下地として使ってしまうこと)は、少しもったいないのですが、アウトレット品ならお手軽価格なので、現実的です。しかも、下地なので見えなくなってしまいますから、色や柄は何でもOKなわけです。

防音のフローリングは、厚さ13mm、パインのフローリングは15mmのものを使用しましたので、合わせて28mm!!

お隣のリビングと、ぴったり高さが揃いました!

こちらのリフォームは、エコリフォームのホームページでも詳しくご紹介させていただいています。ご興味のある方は是非ご覧下さい☆

自然素材でアレルギーを軽減

 

そのほかの、私たちのリフォームの事例もご覧下さい!

リフォーム 事例
02

|

« 収納の扉だけ交換! | トップページ | 明るすぎない暮らし »

マンションリフォーム特有のこと(管理規約・防音・構造のこと等々)」カテゴリの記事

自然素材の仕上げ(床・壁・天井など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/58785/11977595

この記事へのトラックバック一覧です: 畳が薄い場合の、防音対策。:

« 収納の扉だけ交換! | トップページ | 明るすぎない暮らし »