« 畳が薄い場合の、防音対策。 | トップページ | マンションの照明~ライティングレール~ »

明るすぎない暮らし

 

こちらのお客様は、天井の真ん中に照明がひとつ付いているといった、いわゆる一室一灯の照明計画はお望みではありませんでした。 

天井の照明と、スタンドライト、色んなタイプの明かりを設けておき、シーンによって使い分けをして暮らされるイメージを持っておられました。

こちらのお部屋は21帖ものリビング・ダイニング&書斎スペースです。

リビングとしてお使いの、約10帖ほどのスペース用には、天井に、写真のように小さなシーリングライトを10灯取り付けました。壁沿いに3灯、4灯、3灯と並べて取り付け、列ごとにスイッチを付けました。ソファーに座ってくつろぐときは、こちらの3灯を点けて、など、使い分けを楽しんで下さっているそうです。

こちらのライト10灯では、照明計画としては明るさが足りません。ですが、本を読むときなどより明るい光が必要な場合には、スタンドライトを使って過ごされています。常に、部屋の隅々まで明るい状態にしておくのではなく、必要な時に必要な明かりを使いたい、というお客様の考え方を、形にさせて頂いたと思っています。

 

ちなみに、こちらのお客様のマンションは、天井が躯体のコンクリートではないので、もともとは一室一灯だった電気の配線を、天井裏を通して写真のように配線できました。もし、コンクリートが直接天井だった場合には、配線を隠せないので、新しく天井をつくり天井裏を確保するか、もしくはライティングレールをつけるという方法があります。

ライティングレールについては、また別の記事で書いてみたいと思います。

 

私たちのリフォームの事例もご覧下さい!

リフォーム 事例
02

|

« 畳が薄い場合の、防音対策。 | トップページ | マンションの照明~ライティングレール~ »

こんな素敵なリフォーム如何ですか?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/58785/11506609

この記事へのトラックバック一覧です: 明るすぎない暮らし:

« 畳が薄い場合の、防音対策。 | トップページ | マンションの照明~ライティングレール~ »