« お施主様が塗り壁に挑戦!! | トップページ | 防音規約の対策(L-40)① »

防音規約の対策(L-45)

ほとんどのマンションでは、近隣の方、特に下の階に住む方への、音の面での配慮として、防音規約を定めています。使用する床材は、ある一定の基準を満たしたものを選び、足音等が下の階の方にうるさくないよう、配慮しましょう、ということです。

基準はだいたい、厳しい場合で、遮音等級L-45かL-40です。(数字が小さい方が厳しい基準となります。)

目安としては、人が走り回ったり飛び跳ねたりした音が、

L-45 → 聞こえるがあまり気にならない程度

L-40 → 遠くからかすかに聞こえる程度  です。

 

一般によく目にする、合板のフローリングですと、この基準に対応する製品が各メーカーから出ているのであまり問題にならないのですが、エコリフォームで施工させていただくことの多い、無垢のフローリングは、その防音性能が認められていません。

そこで、フローリングの下に使う下地材で、基準の遮音性能をクリアする必要があります。

 

規定がL-45の場合、私たちが使用する遮音材をご紹介します。

A30fk801_3

「ユニフェルトケナフ」。

紙の材料として知られるケナフでできたフェルト(遮音材)と、アスファルト(制振材)でできています。こちらを、ベニヤと組み合わせて使用します。

施工すると、床を踏んだ時に、しっかりした踏み心地になります。音が下に響かない感じです。

こちらを使用したお客様の例もご覧下さい。

中古マンションをまるごとリフォーム

建築家と創るオリジナルハウス

 

L-40の基準で使用する遮音材については、次回の記事でアップいたします!

|

« お施主様が塗り壁に挑戦!! | トップページ | 防音規約の対策(L-40)① »

マンションリフォーム特有のこと(管理規約・防音・構造のこと等々)」カテゴリの記事

自然素材の仕上げ(床・壁・天井など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/58785/10663744

この記事へのトラックバック一覧です: 防音規約の対策(L-45):

« お施主様が塗り壁に挑戦!! | トップページ | 防音規約の対策(L-40)① »