コンパクトな間取り

ご無沙汰しております。

コーディネーターの千葉です。
だいぶ暖かくなって門前仲町の桜もちらほら咲き始めました。
 
春ですね~
 
今日は、先日お引渡しをさせて頂いたO様邸の完成の様子を
少しだけご紹介させて頂きます。
 
ビルの倉庫として使っていた部分を居室にリフォームさせて
頂きました。
 
電気水道ガス排水等が無いところに位置から設備を作っていくので、
通常のリフォームより難易度が高かったのですが、
無事完成致しました。
 

946_r

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実験用シンクを使ったオリジナルの洗面台

ご無沙汰しております。

コーディネーターの千葉です。
 
昨年リフォームをさせて頂いたY様邸の
オリジナルの洗面台がとっても素敵だったのでご紹介いたします。
 
Y様ご家族は、『こうしたい!!』というイメージを明確にお持ちだったので、
洗面台もこんな風にしたいと、イメージ写真を持ってきてくださいました。
 
洗面台はシステムの洗面台ではなく、オリジナルのものにされたいとのとで、
一つ一つパーツを集めて、完全なオリジナルの洗面台にしました。
↓こちらが完成の洗面台です。
 

162_r

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

エコリフォームは本日から営業いたしております。
本年も安全で快適に暮らして頂ける住まいをご提供できるよう
精一杯させて頂きますので、どうぞ宜しくお願い致します。
 
年明け早々に3件の工事が着工となります。
 
一つ目は、台東区でリフォームが始まります。
 
お荷物を置くお部屋として使っていたフロアーを
水回りを新設しお部屋も確保します。
↓イメージスケッチです。

Photo

O様、年末年始、お荷物のお片付け大変だったと思います。
いつもすぐにご対応下さりありがとうございます。
工事が始まるとご不便をおかけいたしますが、宜しくお願いします。
 
また15日からは、江東区でキッチン交換の工事が始まります。
 
タカラスタンダードさんからのご紹介のお客様で、
最新設備のキッチンにリフォームです。
 
そして、昨年末に工事が始まっている、台東区のI様邸外壁工事の
最終の仕上げ工事が9日から再開します。
 
 
快適に安心して暮らして頂けるよう、
『あの時、リフォームして良かった』と思って頂けるよう、
精一杯させて頂きます。
 
 
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年もお世話になりました。

今年も残すところあと4日となりました。

寒さも厳しくなり、年末という感じですね。
皆様体調など崩されていませんでしょうか。
 
今年も沢山の方々とのご縁を頂き、
リフォームをさせて頂きました。
 
こちらの写真は、今年の11月にお引渡しをさせて頂いた、
K様邸の2階の様子です。
 
2部屋あったお部屋を一部屋に変更し、
天井を吹き抜けにしました。
昼間は照明をつけなくても、明るい開放的な2階になりました。

759_r_2

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近の手書きスケッチです。

お客様に空間をご提案する際、

建築の平面図だけだと、完成のイメージが難しいので、
スケッチを描いています。
 
専門用語でパースと言います。
パースペクティブの略で、遠近感を表現するスケッチです。
お客様の好みのインテリアのテイストに合わせて描きます。

 

バリ風のインテリアがお好みのお客様のお部屋のイメージです。

Photo

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渋谷区で戸建てのリフォームが進んでいます。

渋谷区で築50年の建物リフォーム工事が進んでいます。

今回は、構造や室内環境も見直すスケルトンリフォームです。
築50年なので、基礎から見直していきました。

P9130308

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリジナルキッチンがある空間

先日スケッチでご紹介をさせて頂いた、マンションのリフォーム工事が

完成いたしました。
お施主様のセンスが光る、カッコいい素敵な空間になりましたよ~!
ちょっとだけご紹介致します。
 
リフォーム前は
少し前のマンションによくある、壁面に向かって設置されている
I型のキッチンでした。↓↓↓
 
リフォーム前

R0044092

今回のリフォームで対面にされたいとのご希望で、
キッチンをリビング側に向けてリフォーム!!
 
無垢のフローリングが心地よい、明るくてお洒落なリビングダイニングに
なりました。

196_r

キッチンはY様のご希望で、オールステンレスのフルオーダーのキッチンです。
ご夫婦そろってお料理が上手なY様!
 
キッチンや背面の収納も何度もお打ち合わせをさせて頂き、
こちらの仕様に決定しました。

199_r

↓↓↓グローエの水栓カッコいですね。

202_r

こちらは、作り付けの本棚を作成した、フリースペースの写真です。

濃いブルーのアクセントクロスを貼った本棚!無垢の木との相性も良く、何を飾っても絵になります。

186_r

自然素材を沢山使わせていただき、ナチュラルで、カッコいいY様オリジナルの
素敵な空間が出来上がりました。
 
Y様は、プランニングをさせて頂く前のお打ち合わせで、
イメージブックを持ってきてくださいました。
 
Y様ご夫妻が、
キッチンはこんなイメージ、
洗面はこんな洗面ボールが良いな~
お部屋の一角にアクセントとして色を入れたいなどなど
 
完成のイメージを私たちに伝える為、
インテリア雑誌で気に入った写真を切り取り、
貼り付けたイメージブックを作って持ってきてくださったのです。
 
このイメージブックがあると、お好みのインテリアテイストが
一目瞭然!
 
とても分かりやすくて助かりました。
 
そして、リフォームが完成した後に、
想像していた以上ですとおっしゃって下さいました!
何より嬉しい言葉です。
 
このブログではY様邸の素晴らしさが伝えきれないので、
後日HPでご紹介させていただきたいと思っています。
 
Y様ご家族とのお打ち合わせは毎回楽しく、
今は少しさみしいですが、また伺わせていただけるとのことでしたので、
どのように暮らされているかお話を伺う日を楽しみにしています。
 
Y様ありがとうございます。
 
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
 
 
 
 
 
 
 
Y様邸と同じフローリング材(ナラのオイル塗装)でリフォームされた、
U様邸の事例はこちらです。
↓↓↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文京区でマンションリフォームがはじまりました!

今日から文京区でマンションリフォームがはじまりました!

Y様邸は、洗面と、キッチンを特別な空間にするため、造作します。

洗面室は、TOTOの実験室用の洗面器を設置し、

棚も少し工業的なテイストの棚受けブラケットを使って取り付けます!!

まさに、完全オリジナル。

 

Photo_3

スケッチでもカッコよくなる感じがわかりますよね〜。

そして、キッチンは、

業務用キッチンをオーダーで作る予定で進めさせて頂いてます。

引き出しや扉はつけず、ご自分たちでカスタマイズされるとのこと!



 


↓こちらは、リビングから見たキッチンの様子です。

Photo_5

ステンレスのキッチンは、本当にかっこいいですよね〜

オーダーキッチンは、シンクの大きさや位置、水栓、棚板の高さ、

レンジフード沢山の中から選べる分、その分選択肢が多くて悩みます。

 でもその自由度がオーダーキッチンの良さですね!

 

もともと和室だった部分をリビングとつなげて、

フリースペースに!大きな本棚を造作する予定です。

Photo_7

そのほかもY様ご夫妻の、センスの良さが光るリフォームになります。

本日から着工で、職人さんたちも、

一番暑い時期に工事に入ることになるので、

大変ですが、Y様ご家族が快適に暮らして頂ける空間になるよう、頑張ります!!

 

 


その他のマンション事例はこちらです。

↓↓↓

自然素材を沢山使ったマンションリフォーム

オリジナルの洗面台を作成したA様邸のリフォーム事例です。

↓↓↓

造作洗面台でオリジナル空間


| | コメント (0) | トラックバック (0)

荒川区でリフォームが完成しました。

久しぶりの更新となってしまってすいません。

その間にも沢山の工事が無事完了しています。
 
今日は5月に完工した荒川区のS様邸のご報告です。
 
S様はおじい様やおばあ様が大切にされてきた建物の趣を変えることなく、
残せる部分は残してのリフォームをお望みでした。
 
リフォーム会社さんを何社か声をかけても、
耐震や断熱を施すようなスケルトンリフォームだと、
新しくしましょうと言われてしまって、、。
 
と私共の耐震セミナーに参加されました。
 
以前にもお客様のご希望により、耐震と断熱を施しながらも、
今までの趣を残しながらのリフォームをさせて頂いた事例が
ございましたので、ご説明させて頂きました。
 
その後耐震診断のご依頼を頂き、
大切なお住まいをお任せ頂く事になりました。
既存を残しながら、耐震や断熱を施していくというのは、
結構大変な作業なのです。
 
残されたい部分には、今ではなかなか手に入りにくい素材であったり、
時間が経過して良い味わいになっている素材などですので、
慎重に工事する必要がありました。
 
耐震工事をする際に、どうしても解体しなればならない部分に
関しては、依然と遜色ないように同じように仕上げました。
 
こちらが工事前の写真です。
飾り障子がとても印象的な玄関です。
 

507_r_2

無筋の基礎補強をし、梁を架け替えたり補強をして、

壁を足し、断熱材を入れて、完成した様子がこちらです。

 

飾り障子は、紙を張り替え、

塗壁はデザインをそのままにして、塗り替えました。

↓リフォーム後

683_r

 
床は国産杉の無垢フローリングを貼って、米ぬかのオイルで仕上げています。
 
床が明るくなったので、和モダンな素敵な玄関になりました!!
 
おじい様が建具の職人さんだったとのことで、
おじい様が作られた建具を生かしたいとのご要望でしたので、
建具ぴったりにする為、窓サイズを特注しました。
 
本当に素敵なデザインの建具です。
既存ではガラスが入っていたのですが、
和紙調のワーロンに張り替えました。
外に新しく窓を設置しましたので、隙間風が入る事もありません。

714_r

新築のように、すべて新しくすることを望まれる方や、
こちらのS様のように、できる限り、趣を壊したくないので、残して欲しいと
望まれる方。
 
リフォームのご要望は様々です。
 
大切にされる部分もそのお客様によって異なりますので、
何度もお打ち合わせをさせて頂き、ご要望を伺い、
リフォームを進めます。
 
S様が建物を大切にされているお気持ちを伺い、
塩谷が、何とかして残したいと考え完成したリフォームです。
 
建てた当時の職人さんも腕の良い職人さんだったようで、
エコリフォームの職人たちも、口々に、ここは手間がかかっている、
良い材料つかっているよ~と言っていました。
 
真面目な職人さんたちがひとつひとつこだわって丁寧に作った木造の建物です。
 
そんな建物のリフォームに携わらせて頂いた事、
そして、残すことができたこと、そして何よりお客様が喜んで下さっていることが、
嬉しいです。
 
風が吹く度に木製の窓とガラスがガタガタと揺れて
怖かったと仰っていましたが、
隙間風もなく、最新の窓ガラスが入り断熱性もUPしました。
 
強度が足りない部分を補強し、耐震性もUPしていますので、
安心して暮らして頂けます。
 
建物を大切にするS様のお気持ちに触れ、
私も色々な物を大切にしようと思いました。
お打ち合わせも楽しかったです。
 
S様、ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
 
 
 
S様のように、建物の趣をそのままにされた事例はこちらです。
↓↓↓
 
 
耐震セミナーについて
 
東日本大震災の後に、エコリフォームで何かお役に立てないかと、
始めた耐震セミナーです。
木造の耐震についてお話します。ご自宅、ご実家、新しく購入された建物。
ご不安な方は是非お越し下さい。
↓↓↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

完全オーダーのキッチンカウンターです!!

だいぶブログの更新が久しぶりになってしまいましたが、

その間に、収納や家具をご相談頂いていました、

足立区のS様邸の工事が完了致しました。

薬膳料理を作られるS様。
前回のブログをご覧頂ければ、ご提案内容が少しわかって頂けるかと
思いますが、もう一度ご説明します。
(前回のブログ→ 収納についてのご相談とご提案
 
S様のご要望は
・キッチン回りの細々した物の収納
・朝食をささっと食べられるスペースが欲しい
・薬膳料理を作るので、生薬の瓶などを置きたい
・ゴミ箱が隠せたら  ・・・などなど
 
でした。
 
そしてご提案させて頂いたキッチンカウンターの
イメージスケッチはこちらです。

Photo

このスケッチをご覧頂き、新たに、
雑誌やパンフレットなどを置ける棚があったらいいな~というご要望を頂きまして、
完成したのがこちらです。
 
国産の杉集成材でカウンターを作った完全オリジナルの
キッチンカウンターです!

P4280045

キッチン側からみた様子はこちらです↓
手前が引っ込んでいるのは、こちらで朝食を食べる為の、
ダイニングテーブルになる為、足が入る分引っ込めています。
 
奥は、ゴミ場を収納するスペースなので、
ある程度奥行きを確保しないといけません。

P4280043

そのゴミ箱スペースの上に少しできた隙間も有効活用!
引き出せて薄いものや細い物を仕舞って頂ける棚となります。

P4280046

逆側から見た様子です。

手前は生薬などの瓶を並べて置く棚、

奥はA4サイズのカタログや雑誌等を斜めにおけるブックシェルフです。

P4280053

斜めに置いた場合、雑誌などがするっと落ちてしまわないように、
杉集成材で引っかかりを作っています。
見えますでしょうか。

P4280051

そして、お揃いの材料で作らせて頂きました、
生け花を飾る花台は、使わない時は、このキッチンカウンターの横に置くと・・・。
 
↓花台

Kadai

幅120㎝のキッチンカウンターが、幅150㎝のキッチンカウンターに早変わり!

P4280043_2

これは、図面を書いている時に、
花台を少しだけ高くするとキッチンカウンターと同じ高さになる事に気づき、
すぐにS様にご提案したところ、とてもその案を気に入って下さり、
予定よりも5㎝だけ高くしましたが、
花台を使わない時はつなげられて便利!と喜んで下さいました!!
 
完成オリジナルのキッチンカウンターの完成です。
なかなか既製品では、ご要望をすべて満たす家具は見つかりません。
 
ご要望を伺いながら、お作りする造作家具ならではです。
 
S様にもとても喜んで頂けて、私たちも嬉しいです!
 
他にも家具や収納を作らせて頂いたので、
また後日ご紹介いたします。
 
他にも家具や収納を作らせて頂いた事例はこちらです。↓
 
 
 
 
 

ランキングに参加しています。
 
いつも応援ありがとうございます。画像をポチッと押していただけると嬉しいです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«収納についてのご相談とご提案